「半分、青い」ネタバレ(第3週17話) 急接近の予感?

今回は4月20日に放送された
「半分、青い」第17話のネタバレです。

〇17話のストーリー

ある日の朝、
鈴愛はバスを待っていました。

すると自転車に乗った男性高校生が
カセットテープを落としました。

鈴愛はテープを拾って
その少年を追いかけます。

少年は丁寧にお礼を言い、
鈴愛に頭を下げました。

 

少年は他校の生徒で新聞部。

決してイケメンではありませんが、
真面目な印象を受けます。

 

学校に遅刻した鈴愛は、
龍之介、菜生の2人に
朝の出来事を話します。

モテない鈴愛は、
この出会いを大切にしたいようです。

 

一方で商店街の面々は、
サンバランドについて話し合っていました。

女性陣はテーマパーク建設に否定的です。

一方の男性陣は、
リゾート会社の社員・瞳と
サンバを踊って浮かれています‥‥

瞳の同僚の神崎は、
商店街の女性陣を騙してこいと
上司に言われていました。

 

この日の夕方、
龍之介、菜生、律の3人は、
鈴愛の家に集まりました。

朝の話の続きをします。

鈴愛は3人に焚き付けられ、
出会いが運命だと思い始めています。

 

律は帰宅する途中で
キミカ先生と遭遇しました。

テーマパーク建設について聞かれた律は、
興味がないと答えました。

キミカ先生は、
「自分が取り上げた子供達が、
落ち着く場所であって欲しい。」
と呟きました。

 

その数日後の朝、
鈴愛がバスを待っていると、
遠くからあの少年が声をかけてきました。

その直後バスが到着します。

 

鈴愛はバスに乗りませんでした。

 

18話のネタバレへ

 

「半分、青い」はU-NEXTで視聴できます。


 

スポンサーリンク



コメントを残す