「名探偵コナン 天国へのカウントダウン」ネタバレ結末!

スポンサーリンク

今回はシリーズ5作品目となる
「名探偵コナン 天国へのカウントダウン」の
ネタバレを結末まで公開します。

〇あらすじ

ある日、
少年探偵団と阿笠博士は、
キャンプの為に西多摩を訪れます。

西多摩市のツインタワービルを見たコナンは、
森谷帝二の事件を思い出します。
(「時計じかけの摩天楼」より)

ツインタワービルはオープン間近です。

この日の夜、
トイレに行こうとした元太は、
公衆電話の前で愛の姿を目撃します。

 

次の日、
コナン達はキャンプの帰りに
ツインタワービルの見学に行きます。

高さが違う2つのビルが
隣に並んでいます。

 

コナン達はビルの前で
小五郎、蘭、園子と遭遇します。

ビルのオーナーで社長の常盤美緒は、
小五郎の大学時代の後輩なのです。

小五郎達は常盤社長に招待されたようです。

一行は社長秘書の沢口ちなみ、
専務の原佳明と知り合います。

富士山が見える最上階では、
パーティーの準備が進められています。

そこで他の招待客である
画家の如月峰水、建築家の風間英彦、
市議会議員の大木岩松と出会います。

如月は不機嫌そうです。

そんな中、
コナンはビルの近くで黒の組織の
ジンの車・ポルシェ356Aを見かけます。

急いで追いかけますが
逃げられてしまいました。

 

次の日、
蘭は光彦から愛と歩美の2人を
同時に好きになったと相談されます。

「今は仲がいい友達でいいんだよ」
と答えます。

次に蘭は歩美から
コナンの事が好きだと相談されます。

 

夜になって、
ビルのスイートルームに泊まっていた
議員の大木が刺殺されました。

遺体は半分に割れたお猪口を握っていました。

スポンサーリンク

〇ネタバレ

少年探偵団は事件を捜査し始めます。

風間と如月の自宅を訪れますが、
有力な情報は得られませんでした。

この日の夜、
トイレに起きた阿笠博士は、
愛が電話をかけている姿を目撃します。

次の日、
少年探偵団は原の自宅に向かい、
彼の遺体を発見しました。

今度も割れたお猪口が
現場に残されていました。

 

警察は連続殺人事件だと考え、
オープンパーティーの延期を要請しますが、
美緒は拒否しました。

一方で愛は深夜になると寂しさから
亡くなった姉の自宅に電話をかけていました。

ジンとウォッカが留守電を聞いてしまいます。

 

 

そして数日後、
ビルのオープン記念パーティが開かれ、
コナン達も招待されました。

園子はイメチェンの為に
パーマをかけました。

10年後の愛の姿にそっくりです。

やがてパーティが始まり、
小五郎はゲームで勝利して展示されている
スポーツカーを手に入れました。

そんな中、
美緒の首吊り遺体が発見されました。

今度もお猪口が現場に置かれていました。

警察が駆けつけて捜査が行われます。

小五郎は沢口が犯人だと推理しますが、
彼女は犯人ではありませんでした。

 

その後、
地上40階のコンピューター室と
地下4階の電気室が爆破されました。

老人、子供、女性はエレベーターで地上へ
残りの出席者は階段で60階まで降りて、
隣のビルに避難する事になりました。

コナンはエレベーターで降りる際、
ジンが園子を狙っている事に気付きます。
(園子が大きい時の愛に似ている)

コナンはジンの狙撃から園子を守ります。

この爆破はジン達の仕業だったのです。

 

45階と60階の連絡橋が爆破され、
コナン、蘭は45階に、
少年探偵団が60階に取り残されます。

蘭は消火用のロープを体に巻き付けて、
コナンと共にダイブしました。

窓を破って下の階に入り、
小五郎達と合流します。

 

少年探偵団の姿がないと知ったコナンは、
再びビルへと向かいます。

コナンは愛たちと共に最上階の
パーティ会場へ戻ります。

そこには大木と美緒を殺害した
今回の事件の真犯人がいました。

 

犯人は如月です。

如月は富士山の絵で有名な日本画の巨匠です。

彼は富士山が見える丘に住んでいましたが、
ツインタワービルが建設された事で
富士山が見えなくなってしまったのです。

ビル建設を後押しした大木、
ビルのオーナーの美緒を殺害した動機です。

割られたお猪口は
ビルで割られた富士山を現していたのです。

 

原を殺したのはジンです。

原は黒の組織の一員だったのですが、
裏切って組織のコンピューターに侵入し
情報を抜き出していたのです。

会社のコンピューター室を爆破した理由は、
その情報を消去する目的もありました。

 

原の遺体を見つけた如月はお猪口を置き、
連続殺人に見せかけたのです。
(原の殺害時刻にアリバイがあったから、
如月は容疑者から除外されていた)

如月は自殺しようとしますが、
コナンが麻酔銃で眠らせます。

スポンサーリンク

〇結末

コナンは目暮警部に連絡して、
救助用のヘリを要請します。

しかし、
ジンによって屋上が爆破され、
ヘリが着陸できなくなりました。

さらに愛がパーティ会場で
時限式の爆弾を発見します。

ここでコナンは小五郎が手に入れた
スポーツカーに目を付けます。

少し低い隣のビルの屋上に
飛び移る作戦です。

普通に走るだけでは届かないので、
爆風を利用する事になりました。

しかし、
これには爆発する瞬間を
正確に知る必要があります。

コナンは時間を計るのが得意な歩美に
カウントダウンを頼みます。

歩美はコナンが側に居る事を条件に引き受けます。

 

コナン達は如月を車に乗せ
車が走る道を作ります。

愛は30秒前まで爆弾の側で
カウントダウンを続けます。

しかし30秒を切っても
愛が車に乗ろうとしませんでした。

彼女はコナン達を助けるために
残ってカウントダウンを続けるつもりです。

光彦と元太は愛を車に無理やり乗せます。

 

コナンが車を走らせると
歩美のカウントダウン通りに
爆弾が爆発しました。

車は爆風の勢いに乗って、
隣のビルの屋上にあるプールに落ちました。

如月は連行されます。

元太は歩美に
時間を正確に計れる理由を尋ねます。

歩美
「コナン君が側に居ると
心臓がどきどきして鼓動で分かるの。」

これにはコナンもたじたじ‥

車を見た小五郎は、
ショックでプールに落ちました。

エンディングは倉木麻衣の「always」。

 

次作「ベイカー街の亡霊」のネタバレへ

 


 

スポンサーリンク



コメントを残す