「名探偵コナン 瞳の中の暗殺者」ネタバレ結末!犯人は‥

スポンサーリンク

今回はシリーズ4作品目となる
「名探偵コナン 瞳の中の暗殺者」の
ネタバレを結末まで公開します。

〇あらすじ

ある日、
蘭は新一と一緒にトロピカルランドに
行った事を思い出します。

電話で新一(コナン)に
「また一緒に行きたい」
と頼みます。

 

その後、
コナンを含めた少年探偵団は、
小五郎の事務所に向かいます。

横断歩道を渡ろうとした時、
信号が変わろうとしていたので、
オジさんに怒られました。

しかしその直後、
そのオジさんが電話ボックスで
何者かに銃撃されました。

オジさんの正体は刑事の奈良沢で、
コナンは犯人を追いかけますが、
取り逃がしてしまいます。

コナンが現場に戻ると、
奈良沢は警察手帳が入った胸ポケットを
指さして息を引き取りました。

少年探偵団は事情聴取を受けます。

傘を右手で持っていたので、
犯人は左利きの可能性が高そうです。

同じ日の夜、
芝巡査部長がマンションの駐車場で
射殺されて命を落としました。

芝巡査部長は警察手帳を握りしめています。

小五郎は目暮警部に電話をかけ、
事件のことを聞こうとしますが、
「忙しい」と言われてしまいます。

目暮警部と白鳥は何かを隠しているようです。

そんな中、
白鳥刑事の妹・沙羅の
結婚披露パーティーが行われます。

小五郎、蘭、コナン、園子は
会場に向かいます。

そこで蘭の母の英理とも合流します。

会場には刑事部長の小田切敏郎、
その息子で音楽家の敏也、
診療科医師の風戸京介がいました。

風戸は白鳥の主治医です。

小五郎は会場で会った目暮警部に
再び事件のことを聞きますが、
知る必要はないと言われます。

会話を聞いていたコナンは、
事件に警察が絡んでいると推測します。

 

パーティーの途中で
トイレに向かった蘭は
佐藤刑事と遭遇します。

すると停電が起きました。

蘭は懐中電灯を発見して辺りを照らしますが、
何者かがトイレに侵入して来て、
佐藤刑事を銃撃しました。

蘭はショックで意識を失いますが、
その前に犯人の顔を少しだけ見ました。

スポンサーリンク

〇ネタバレ

佐藤刑事と蘭は病院に搬送され、
会場の出入り口は速やかに封鎖されます。

しかし会場にいた人物からは
硝煙反応は出ませんでした。

コナンは会場で目撃していた
男女の姿がない事に気付きます。

その後、
コナン達は病院に向かいます。

佐藤刑事は予断を許さない状態です。

一方で目を覚ました蘭は、
ショックで記憶喪失になっていました。

コナンや小五郎の事はおろか、
自分の名前すら覚えていないのです。

 

白鳥の配慮で風戸が駆け付けます。

風戸の診断の結果、
「逆行健忘」と判明しました。

コナンは蘭の心を傷つける何かが
現場で起きたのだと考えます。
(蘭は自分が懐中電灯を持ったから
佐藤が撃たれたと考えた。)

ここで目暮警部が全てを話し始めます。

1年前の夏、
仁野保医師が殺されました。

捜査を担当したのは友成警部、
奈良沢刑事、芝巡査部長、佐藤刑事。

第一発見者は
ルポライターで被害者の妹の環。

コナンが会場で見た女性です。

 

事件は仁野が手術ミスを後悔して、
自殺したと推測されました。

しかし環は性格が悪い兄が
そんな事をするはずがないと証言しました。

しかも事件の数日前に、
紫色の髪の男と仁野が
口論している場面が目撃されています。

その人物は敏也だったのです。

敏也の事を4人で見張っている時、
友成警部が心臓発作を起こし
命を落としました。

友成警部の病死もあり、
仁野は自殺として片付けられました。

その後、
友成警部の息子の真が通夜で
3人の刑事の事を責めました。

真はコナンが会場で見た男性です。

 

そして最近になって、
奈良沢、芝、佐藤の3人は、
1年前の事件を調べ直していたのです。

ちなみに友成真は行方不明です。

 

次の日、
少年探偵団の面々が
蘭の見舞いに来ました。

ここでコナンと灰原愛は、
誰かに見られている事に気付きます。

コナンは佐藤刑事の事件の時に蘭が
犯人の顔を見たのではと考えます。

2日後、
蘭が退院しました。

傘をさした英理を見た蘭は、
何故か怯えます。

事務所に戻った蘭は、
新一との写真を見ます。

何故か新一には懐かしさを感じます。

 

また別の日、
英理、コナン、蘭の3人は、
銀座に買い物に出かけます。

蘭が駅のホームで
何者かに突き飛ばされました。

コナンが咄嗟の判断で回避させますが、
蘭は再び入院する事になりました。

コナンは蘭を助ける為にも
犯人を捕まえる事を決意します。

そんな中、
コナンは会場に傘があった事を思い出し、
硝煙反応が出なかった仕掛けを解きます。

傘に穴をあけて撃ったのです。

コナンは敏也のバンドの
ライブ会場に向かいます。

そこには環の姿もありました。

環は敏也を疑っており、
彼を尾行しているのです。

コナンは環に声をかけ、
協力しようと提案します。

 

2人は敏也の父である
小田切刑事部長の自宅へ向かいます。

医師である仁野は病院の薬を
横流ししていました。

その事を知った敏也は
仁野を脅迫していたのです。

当時の事件資料に
その事が書かれていなかったので、
小田切は奈良沢に再捜査を命じたのです。

入院中の蘭は、
テレビでトロピカルランドの映像を見て、
そこに行きたいと言い出します。

蘭の記憶を取り戻すために、
園子と小五郎と高木刑事が同行し、
蘭はトロピカルランドに行く事になりました。

蘭は自分を守ろうとするコナンには
内緒にして欲しいと頼みます。

 

次の日、
コナンは環の元に向かい、
捜査資料を見せてもらいます。

一方で蘭たちは
トロピカルランドに向かいます。

少年探偵団と阿笠博士も付いて行きます。

 

環と会ったコナンは、
左利きを矯正して右利きになった人間が、
咄嗟に左手を使う事に気付きます。

 

一方で蘭たちは、
トロピカルランドで遊びます。

すると指名手配された
友成真が姿を現します。

小五郎と高木刑事が真を取り押さえ、
2人が警視庁に連行します。

しかし、
愛だけは釈然としない様子。

 

コナンは仁野が働いていた病院に行き、
看護師から話を聞きます。

仁野は心臓手術の途中で、
他の医師の腕を切った事があるようです。

 

その後、
コナンは英理の助手から蘭たちが
トロピカルランドに行った事を聞き、
急いで向かいます。

 

連行された真は、
一連の事件への関与を否定します。

彼は何者かに嵌められたようです。

スポンサーリンク

〇結末

コナンがトロピカルランドに着くと、
犯人が蘭を狙撃しようとしていました。

コナンは少年探偵団のメンバーに
無線を使って連絡して
狙撃から蘭を守ります。

 

やがてコナンが犯人を追い詰めます。

犯人は医師の風戸でした。

仁野に腕を切られた風戸は
外科医の道を諦める事になりました。

しかも仁野は、
腕がいい風戸に嫉妬し、
故意に腕を傷付けたのです。

怒った風戸は仁野を殺しました。

 

奈良沢の主治医でもあった風戸は、
事件が再捜査されている事を知り、
3人の刑事を殺す事を思い付いたのです。

奈良沢はポケットではなく、
心臓(心)を指していたのです。

芝刑事の遺体に
警察手帳を持たせた理由は、
真を犯人に仕立てる為です。

コナンと蘭は協力して
風戸を取り押さえます。
(ここで「キミがいれば」)

寸前で記憶を取り戻した蘭は、
風戸をボコボコにしています‥‥

やがて昏睡状態に陥っていた佐藤刑事が
意識を取り戻しました。

小田切刑事部長は
コナンに敬礼して現場を去りました。

 

次作「天国へのカウントダウン」のネタバレへ

 


 

スポンサーリンク



コメントを残す