「半分、青い」第1週4話あらすじ、ネタバレ感想

今回は4月5日に放送された
「半分、青い」第4話のネタバレです。

〇4話のストーリー

晴と宇太郎の子・鈴愛は
小学3年生になりました。

勉強は苦手で、
授業中も窓の外のスズメに夢中です。

とても自由に育ったようで、
男の子とも普通にケンカを始めます。

一方の楡野家の食堂には、
廉子の姿がありません。

1年前に亡くなったのです。

ちなみに仙吉が
娘の為に考えた「つくし」という名前は、
食堂の名前になったようです。

そして鈴愛には、
草太という弟も誕生しています。

一方の律は鈴愛と違い、
勉強も得意で落ち着いています。

彼の夢はノーベル賞をとることです。

 

真逆の性格の2人ですが、
とても仲が良い幼馴染です。

ある日、
鈴愛は律にピアノを弾いてもらいます。

お礼は仙吉が作ったキャベツです。

その後しっかり萩尾家の
シフォンケーキを食べます。

 

鈴愛は元気がない仙吉を心配していました。

鈴愛は律に頼んで、
長い糸電話を作ってもらいます。

「死んだ人は川を渡る」

そう信じている鈴愛は川の向こう側に行き、
仙吉が廉子と会話できるようにしようと考えています。

2人は実験のために川に行きます。

 

5話のネタバレへ

 

〇感想

もうオープニング曲がグルグルしてます。

鈴愛はいかにも朝ドラの
ヒロインっぽく育ちましたね。(笑)

一方の律は和子が言う通り、
めっちゃ変わり者です。

廉子おばあちゃんが亡くなったのは
視聴者的にも辛いですね。

仙吉じいとのやり取り好きだったのになぁ‥

でも語りとして
面白い事を言い続けそうなのでいいかな!

 

「半分、青い」はU-NEXTで視聴できます。


 

スポンサーリンク



コメントを残す