「コードギアス 亡国のアキト3 輝くもの天より堕つ」ネタバレ結末

今回は「コードギアス 亡国のアキト」
第3作品目「輝くもの天より堕つ」の
ネタバレを書いていきます。

前作のネタバレはコチラから

〇あらすじ

ワルシャワでの戦いから
一ヶ月が経ちましたが
ワイヴァン隊は帰還できていません。

しかも「wZERO」の元司令官のアノウに
IDを抹消されてしまいます。

アノウは左遷された原因である
レイラを恨んでいたのです。

軍の施設に入る事も出来ず、
路頭に迷ったレイラ達は
旅の老婆の集団と出会います。

アキトが老婆の1人を突き飛ばしたので、
5人は使用人として扱われます。

 

男らしいリョウはセクハラされます。

ユキヤは料理が得意のようです。

この不思議な共同生活の中で、
レイラは家事ができない事に気付きます。

 

時を同じくしてヴァイスボルフ城では、
少佐のハメルが捜索願を出そうと
レイラの副官のクラウスに相談していました。

クラウスは、
城からでは何もできないと考え、
ハメルの提案を無視しました。

 

そんなある日の夜、
レイラはアキトに実父が議員だった
ブライスガウである事を打ち明けます。

ブライスガウはレイラが6歳の時に
暗殺されています。

その後、
レイラはマルカル家の養女となったのです。

スポンサーリンク

〇ネタバレ

数日後、
老婆達の中心人物である大婆が
レイラの事を占います。

幼い時に森の魔女に会い
呪いをかけられたと言われ、
C.Cと契約を結んだ事を思い出します。

この時のレイラが幼かったので、
C.Cは成長するまで能力の発現に
猶予を与えると言って去りました。

占いの結果、
レイラの能力は大切な人を助けるそうです。

 

一方のアキトはアヤノに
没収していた刀を返そうとしますが、
「アキトが持っていてよ。」
と言われます。

ユキヤはアノウの犯行に気付き、
ハッキングしてIDを復活させた上で、
アノウのIDを抹消しました。

 

老婆達との別れの前日、
宴を開きました。

宴を抜け出したアキトを
レイラが追いかけます。

アキトは自分と兄のシン以外の
一族全員が死んだ事を打ち明けます。

アキトはシンに
「死ね」とギアスをかけられましたが
幼かったので死が理解できず、
生き残ったのです。

不完全な形ではありますが
ギアスにかかっているアキトは
「死」に囚われ続けています。

レイラは優しくアキトを抱きしめ、
出会えた事への感謝を伝えました。

次の日、
レイラ達は輸送機に乗って
ヴァイスボルフ城へと向かいました。

 

一方でブリタニアの軍師・キングスレイは、
「ハンニバルの亡霊(アキト)」に目を付けます。

 

レイラ達が城に帰還した数日後、
パリで停電が発生しました。

なんと北海の発電所が
方舟の船団」というテロリストに
爆破されたというのです。

「方舟の船団」は犯行声明を出し、
パリを襲撃すると宣言します。

悪い噂はすぐに広がり、
E.Uでは暴動が起きます。
(全てキングスレイの仕業)

キングスレイは混乱に陥った
E.Uを攻撃しろと命じます。

(実際は発電所を爆破しておらず、
爆破したように見せかけただけ。)

 

シンはキングスレイの様子を見て
彼がゼロ(ルルーシュ)だと気付き、
キングスレイとスザクを襲撃します。

シンのミカエル騎士団では、
スザクのランスロットには勝てませんが‥

〇結末

シンは大貴族議員を集めて、
キングスレイの正体を明かします。

シンは本国に不満を持つ貴族達に
「E.Uと本国の2つを相手に戦おう」
と宣言します。

ここでシンは、
ガブリエル騎士団のゴドフロアと
ウリエル騎士団のレーモンドの首を見せ、
全ての権限を渡せと要求しました。

 

ラファエル騎士団のファルネーゼだけは、
ミカエル騎士団の奇襲から逃れていました。

彼は親友のマンフレディが
シンに殺された事を悟ります。

その後、
シンは義妹のアリスにギアスをかけ
「サヨナラ」と告げました。

 

一方でレイラは
北海の発電所が無事だと知り
「方舟の船団」への攻撃を決意します。

リョウ達も作戦に賛同し、
全員で出撃する事になりました。

 

次作「憎しみの記憶から」のネタバレへ

 


 

スポンサーリンク



コメントを残す