「コードギアス 亡国のアキト2 引き裂かれし翼竜」ネタバレ結末

今回は「コードギアス 亡国のアキト」
第2作品目「引き裂かれし翼竜」の
ネタバレを書いていきます。

前作のネタバレはコチラから

〇キャスト(声)

日向アキト(入野自由)

レイラ(坂本真綾)

佐山リョウ(日野聡)

成瀬ユキヤ(松岡禎丞)

香坂アヤノ(日笠陽子)

クラウス(藤原啓治)

シン(松岡雅也)

〇あらすじ

聖ミカエル騎士団団長の
マンフレディが自害しました。

これに伴いアキトの異父兄のシンが
新団長に選ばれました。
(マンフレディをギアスで殺したのはシン)

ラファエル騎士団のファルネーゼは、
マンフレディとは旧知の仲で
彼の死に疑問を抱いています。

一方で「wZERO」には
リョウ、ユキヤ、アヤノが加入し、
アキトを含めてワイヴァン隊を結成します。

 

そんなある日、
ワイヴァン隊に新しい任務が届きます。

大気圏離脱式の輸送機を使用して、
敵の背後に回り込めと言うのです。

レイラは怒りますが、
副司令のクラウスに命令無視は
できないと説得されます。

スポンサーリンク

〇ネタバレ

リョウ、ユキヤ、アヤノの3人は、
ヴァイスボルフ城からの脱走を試みます。

レイラはすぐに脱走に気付き、
城に戻るように説得します。

しかも今度の作戦では、
一緒に出撃すると宣言しました。

レイラの言葉を聞いたリョウは、
大笑いして留まる事を決意します。

 

やがて輸送機が発射され、
ワイヴァン隊の4機とレイラ機、
レイラが操縦するドローン15機が
ワルシャワに展開する敵の背後に着陸しました。

時を同じくして、
聖ミカエル騎士団のアシュラ隊を率いる
アシュレイは暇を持て余していました。

アシュレイはシンに出撃を命じられます。

 

さて着陸したアキト達ですが、
リョウ、ユキヤ、アヤノが裏切り、
レイラに攻撃を開始しました。

しかし、
ブリタニアの砲撃を受けたので、
とりあえず休戦します。

やがて4人は市街地に入りますが、
アシュラ隊に急襲されます。

レイラのドローンも全滅し、
窮地に陥ったアキトは、
シンのギアスの影響を受けて、
戦闘能力が上昇します。

さらにワイヴァン隊の3人に埋めた
ニューロデバイスを通じて、
彼ら3人を自在に操縦し始めます。

4人の脳派が同調しているので、
ワイヴァン隊は優位に立ち、
アシュレイを追い詰めました。

〇結末

アキトがとどめを刺そうとした時、
部下のヨハネがアシュレイを庇いました。

さらにアキトは、
シンの気配を感じて
過去の記憶を思い出します。

アキトの動きが止まり、
ブレインレイドが解けてしまい
リョウ達は撃破されます。

3人は搭乗機から脱出し
アキトの元に向かいます。

 

アキトの前にシンが現れ
アキトが乗るアレクサンダの
四肢を切断して動きを封じます。

2人の会話を聞いたレイラ達は、
2人が実の兄弟だと知ります。

 

シンはアキトを
自分の部下にしようとしますが、
リョウやレイラの動きもあり、
シンは撤退しました。

ワイヴァン隊の作戦は成功し、
E.U.は領地を取り戻しました。

 

一方のペテルブルクには、
ナイトオブセブン・枢木スザクと
軍師のキングスレイが到着しました。

キングスレイはルルーシュによく似ています。

 

その後、
ブリタニア軍の反撃に遭い、
E.U.は再び領地を失いました。

 

次作「輝くもの天より堕つ」のネタバレへ

 


 

スポンサーリンク



コメントを残す