映画「ソラニン」あらすじ、ネタバレ結末

映画「ソラニン」のネタバレを
結末まで公開します。

〇キャスト

井上芽衣子(宮崎あおい)

種田成男(高良健吾)

山田二郎(桐谷健太)

加藤賢一(近藤洋一)

小谷アイ(伊藤歩)

大橋(永山絢斗)

鮎川律子(岩田さゆり)

種田の父(財津和夫)

冴木隆太郎(井浦新)

〇あらすじ

主人公は2年目のOL・井上芽衣子。

彼女は大学時代に知り合った
フリーターでバンドマンの種田と
付き合って6年目で現在は同棲中です。

そんな芽衣子ですが、
やりがいのない仕事や
ムカツク上司に不満を持っています。

ある日、
種田に背中を押された芽衣子は、
会社に辞表を提出しました。

 

芽衣子は久しぶりに、
種田がボーカルとギターを担当する
ROTTI(ロッチ)の練習を見に行きます。

実家の薬屋を継いだドラムの山田、
2留しているベースの加藤が種田の仲間です。

現在は仕事もあるので、
練習は月に2回しかしていません。

 

この日の夜、
加藤の彼女のアイも加えて、
5人で飲みに行きます。

その帰り道、
「これからの生活が心配」
と種田に言わる芽衣子。

 

また別の日、
同窓会のために芽衣子の母が上京し
芽衣子の家に泊まる事になりました。

同棲の事は内緒にしているので、
種田は家を追い出されます。

母に仕事を辞めたと告げた芽衣子は
怒鳴られてしまいました。

 

一方で加藤がいる大学のサークルには、
1年生の鮎川律子が入部しました。

酔った律子を送った加藤は、
アイとの約束を忘れて怒られました。

スポンサーリンク

〇ネタバレ

ある日、
芽衣子は種田に真剣に
バンド活動して欲しいと話します。

芽衣子の言葉が頭から離れない種田は、
すぐにアルバイトを辞めて
山田と加藤に声をかけます。

新曲・ソラニン
レコーディングを開始します。

そんな種田は芽衣子に
「今回でキッカケが掴めなかったら
バンドは解散する。」
と宣言しました。

 

やがてCDが完成し、
種田たちはレコード会社や
ライブハウスにCDを送ります。

この日の夜、
5人は浜辺で花火を楽しみます。

浴衣姿の芽衣子はとても可愛いです。

 

それから数日後、
種田と山田と芽衣子の3人は、
レコード会社に呼び出されます。

そこで新人開発部の冴木に
グラビアアイドルのバックバンドとして
デビューしないかと提案されます。

種田が黙っていると、
芽衣子が話を断ってしまいました。

これから先、
CDに対する反応はありませんでした。

 

やがて季節は秋になり、
種田は芽衣子に別れを切り出します。

このまま2人は口喧嘩しますが、
一緒に川に落ちて仲直りします。

 

この日の夕方、
種田は少し出てくると言ったきり
芽衣子の家に戻りませんでした。

芽衣子は種田が戻るまで、
何度も何度もソラニンを聴きます。

 

そして5日目の朝、
種田から電話がかかってきます。

種田は前の会社に戻って
働きながらバンドを続けると
芽衣子に伝えます。

種田
「ミュージシャンになりたいんじゃなくて、
ただバンドがしたいんだ。

皆がいて、芽衣子さんがいて、
ただそれだけでいいんだ。」

芽衣子
「うん、会いたい。
早く帰って来て。

もう別れるなんて言わないよね?」

種田
「言わないよ。

それから最後に一言。
愛して‥」

携帯の充電が切れました。

種田は芽衣子の家に帰ろうとしますが、
色々考えながらバイクを運転していたので、
交通事故を起こしてしまいます。

種田は病院に搬送されましたが、
還らぬ人となりました。

 

2ヶ月が経ち、
芽衣子は花屋で働き始めました。

同僚の大橋は、
芽衣子の事が好きなようです。

 

芽衣子も加藤も山田も
種田の死を受け入れれていない様子。

特に芽衣子は自分を責め続けています。

 

そんなある日、
種田の荷物を受け取る為に
種田の父が芽衣子を訪ねて来ました。

種田の父は芽衣子に
「事故の少し前に、
東京で大事なモノが見つかった。
と(息子が)電話してきたんだ。

全部芽衣子さんのおかげなんだね。」
と伝えます。

 

種田の父と話した芽衣子は、
山田と加藤に連絡します。

 

スポンサーリンク

〇結末

芽衣子は種田のギターを手に取り、
山田と加藤と共にバンドを再開します。

芽衣子は初心者ですが、
死ぬほど練習すると2人を説得します。

ここから3人の猛練習が始まります。

 

また別の日、
就職先が決まった加藤は
後輩の律子に話しかけられます。

律子のバンドはレコード会社から
声を掛けられている様子。

律子は加藤に
対バンしないかと持ちかけます。

一度は断った加藤ですが、
芽衣子と山田と相談した結果、
対バンする事を決意します。

芽衣子は、
ソラニンを歌いたいと主張します。

 

そして1ヶ月の時が流れ、
芽衣子がステージに立つ日が訪れます。

最初は緊張していた芽衣子ですが、
ステージに立つと見事な歌声で
観客を盛り上げます。

そして最後に3人は
種田の遺作となった
ソラニンを演奏しました。

(個人的には「ささやかな」という曲が好き。)

 

さらに3ヶ月の時が流れて芽衣子は
種田との思い出が詰まった部屋から
引っ越しました。

 

エンディングのムスタングがまたよい!!

 


 

スポンサーリンク



コメントを残す