「ただ、君を愛してる」のネタバレを結末まで

映画「ただ、君を愛してる」の
ネタバレを結末まで公開します。

〇キャスト

瀬川誠人(玉木宏)

里中静流(宮崎あおい)

富山みゆき(黒木メイサ)

関口恭平(小出恵介)

井上早樹(上原美佐)

白浜亮(青木崇高)

〇あらすじ

冒頭、
主人公の瀬川誠人は
里中静流に会いに行くために
ニューヨークに向かいました。

 

6年前に遡り‥

明京大学に入学した誠人は
入学式に出席しませんでした。

彼は腹部に病気を抱えており、
塗り薬を使用しています。

その薬は無臭ですが、
臭いと思い込んでいる誠人は、
自分が臭いと勘違いしているのです。

大きなコンプレックスを持つ誠人は、
人混みや人付き合いが苦手です。

入学式に出席しなかった誠人は、
横断歩道を渡ろうと手を上げていた
里中静流という女性に声をかけ、
近くに信号がある事を教えます。

ちなみに静流は同級生で、
入学式には遅刻しています。

誠人の話を聞いても
静流は手を挙げて
車が止まるのを待ちます。

その様子を見た誠人は、
静流の写真を撮りました。

静流は実年齢よりも幼く見えます‥‥

 

やがて授業が始まり、
誠人は美人の富山みゆきに恋をします。

そんな中、
誠人は鼻炎で匂いが分からない
静流と仲良くなります。

 

ある日、
誠人は立入禁止区域の森に入り
写真を撮ろうとします。

すると静流が追いかけて来ました。

2人は距離を縮めました。

スポンサーリンク

〇ネタバレ

また別の日、
学食で昼食を食べていた誠人は、
みゆきに声をかけられました。

誠人はみゆきに誘われて、
みゆき、恭平、亮、早樹たちの
イケてるグループに加わります。

一方で静流は、
誠人と仲良くなるために
カメラを購入していました。

しかし誠人の様子を見て、
彼はみゆきの事が好きだと気付きます。

また別の日、
誠人は亮にいつも一緒にいる子は
彼女なのかと聞かれます。

その場にみゆきも居た上に、
恭平と亮が変人とバカにしたので、
誠人は必死に友達だと否定します。

この会話を静流が聞いていました‥‥

 

誠人は去り行く静流を追いかけて、
あの森に向かいます。

誠人は謝罪して、
静流が大好きなビスケットを渡します。

その後、
誠人がカメラの使い方を教え、
2人は仲直りしました。

さらに誠人は自宅に静流を招き、
写真の現像の仕方も教えます。

「いつでも来ていいよ」
と言われた静流は大喜びです。

静流を駅まで送る帰り道、
静流は成長ホルモンが足りなくて
人より成長が遅れている事を明かします。

時を同じくして誠人は、
みゆきとの距離も縮めていました。

ある日、
誠人はあの森にみゆきを連れて行きます。

誠人を待っていた静流は、
「2人だけの大切な場所じゃなかったの?」
と言って去りました。

 

次の日、
静流はみゆきを観察します。

みゆきが身に付けていた
アメジストのネックレスをきっかけに
みゆきと静流が仲良しになりました。

仲良く話す2人を見た誠人は
呆然としています。

誠人が静流に理由を聞くと
好きな人が好きな人を
好きになりたかっただけ。
と言われました。

このような不思議な関係が
大学3年生まで続きました。

やがて就職活動が始まります。

みゆきは外資系に就職が決定。

一方の誠人と静流は、
まったく決まりそうではありません。

 

そんなある日、
家出した静流が学校に泊まろうとし、
誠人は自分の家に来ればいいと提案します。

みゆきに遠慮して誠人の家に
行ってなかった静流ですが、
同棲する事にしました。

久しぶりに一緒に現像しますが、
静流のカメラの腕が上達している事に
誠人は気付いたようです。

さらに誠人は静流の荷物を見て、
彼女が薬を飲んでいる事を知ります。

 

さて、
静流はその気で泊まっていますが、
誠人は彼女を女性として見ていません。
(少し大人っぽくなった気もする)

また別の日、
誠人はカメラマンになると宣言し、
コンクールに応募する事にしました。

話を聞いた静流は、
自分も写真を送ると答えます。

 

みゆきの誕生日、
誠人はみゆきに頼まれて、
ウェディング展に付き添います。

薬を塗らずに出た誠人は
症状に苦しみますが、
静流が服のポケットに
薬を入れてくれていました。

時を同じくして静流は、
残っていた乳歯が抜けたようです。

 

そんな中、
静流は誠人に誕生日プレゼントに
キスして欲しいと頼みます。

「キスする恋人」
というタイトルの写真を撮りたいのです。

後日、
2人はあの森に向かいます。

(眼鏡をとった静流かわいい‥)

誠人は静流の成長に気付き、
写真のモデルとして彼女とキスします。

 

撮影が終わり、
誠人は大学に向かい、
静流は森に残りました。

夜になり、
家に帰った誠人は
「今まで ありがとね。」
という置手紙を見つけます。

静流が姿を消したのです。

大学も自主退学しており、
実家にも帰っていませんでした。

ここで誠人は、
静流への恋心に気付きます。

 

みゆき達も総出で探しますが、
手掛かりすらも見つかりませんでした。

 

スポンサーリンク

〇結末

大学を卒業後、
誠人はカメラマンになりました。

そんなある日、
アメリカから一通の手紙が届きます。

差出人は静流で、
ニューヨークで個展を開くから
来て欲しいという内容でした。

 

(冒頭に戻り)

ニューヨークに向かった誠人を
みゆきが迎えに来ました。

外資で働くみゆきは、
半年前に静流に再会して、
ニューヨークで同棲しているのです。

再会を楽しみにしていた誠人ですが、
「静流は仕事でロスに向かった」
とみゆきに言われます。

 

しかし現実は違いました。

静流は数ヶ月前に亡くなっています。

静流は体が成長すると死ぬ病を
患っていました。

彼女は誠人の為に
大人の女性になりたいと考え、
成長を抑える事をやめたのです。

 

みゆきの家で静流の父親からの
留守電を聞いた誠人は、
静流が死んだ事実を知ります。

静流はみゆきに自分の死を
隠して欲しいと頼んでいたのです。

そして静流の手紙は、
まだ何十通もあります。

自分が生きていると思わせるために
静流はベッドの上で手紙を
書き続けていたのです。

 

みゆきの話を聞いた誠人は、
静流の個展に向かいます。

どれも素晴らしい作品ですが、
奥には1枚の大きな写真がありました。

モデルは静流自身です。

成長した静流はとても美しく、
誠人は見惚れてしまいます。

 

さらに誠人は、
静流が撮った誠人の写真と
あのキスの写真を発見し涙を流しました。

タイトルは
生涯ただ一度のキス、ただ一度の恋

 

その後も誠人の家には
静流からの手紙が届き続けます。

 


 

スポンサーリンク



コメントを残す