映画「ワイルドスピードX2」あらすじ、ネタバレ結末

映画「ワイルドスピード2」の
ネタバレを結末まで公開します。

〇キャスト

ブライアン(ポール・ウォーカー)

ローマン(タイリース・ギブソン)

テズ(クリス・ブリッジス)

スーキー(デヴォン青木)

モニカ(エヴァ・メンデス)

カーター(コール・ハウザー)

〇あらすじ

今度の舞台はフロリダ。

警官だったブライアンは、
窃盗グループのリーダーである
ドミニクを見逃しました。
(前作のラストより)

その結果、
警察から追われる立場となり、
ストリートレーサーとなりました。
(今回はドミニクの出番はなし)

ある日、
ブライアンはレースを仕切っているテズに
レースに参加して欲しいと頼まれます。

颯爽と駆け付けたブライアンは、
2位のスーキーに大差をつけて
勝利しました。

完走したのは2人だけですが‥‥

そんな中、
レースを取り締まる為に
警察が現れました。

ブライアンは必死に逃げますが、
集中的に狙われて逮捕されます。

 

取調室で彼を待っていたのは、
元上司でFBIのビルキンスでした。

ビルキンス達は、
過去の罪を免除する代わりに
麻薬を売買しているカーターという
貿易商を逮捕する手助けをして欲しいと
ブライアンに取引を持ちかけます。

カーターの元に潜入している捜査官から
カーターが運転手を探している
という情報が入ったのです。

そこでビルキンスは、
ブライアンに目を付けたのです。

ブライアンは幼馴染のローマンを
相棒にする事を条件に提示します。

スポンサーリンク

〇ネタバレ

ブライアンはローマンに会いに行きますが、
自分の犯罪を警官になったブライアンが
通報したと思い込んでいたので、
殴りかかって来ます。

こちらも前科をチャラにすると言われ、
捜査に協力する事になりました。

 

2人は潜入捜査官のモニカと合流して、
カーターの屋敷へと向かいます。

そこには多くの
ドライバー候補者がいました。

まずはテストとして、
32キロ先にあるフェラーリから
物を取って来いと言われます。

ドライバーたちは
一斉にスタートしますが、
次々と事故を起こします。

ブライアンとローマンは
見事に物を届けた上に、
駆け付けた警官に発砲したので、
カーターに気に入られました。

ちなみに届けた物は葉巻でした‥‥

 

ローマンはモニカが
カーターに惚れていると疑っています。

 

夜になって、
ブライアンとローマンは、
カーターに呼び出されます。

カーターは2人の前で
警察官を拷問します。

ブライアン、ローマン、モニカは
警察官を助けようとしません。

これはブライアンとローマンが
自分を裏切らない為の見せしめでした。

 

次の日の朝、
モニカがブライアンを訪ねて来ました。

モニカはカーターが部下に
仕事が終わったらブライアンと
ローマンを始末するよう命じた事を
ブライアンに伝えます。

 

モニカは手を引けと言いますが、
2人は潜入を継続します。

この事でローマンは
モニカを信用するようになりました。

カーターが2人に
運んで欲しい物は現金でした。

2人はその現金を頂く予定です。

 

スポンサーリンク

〇結末

作戦決行日、
ブライアンとローマンは
カーターの部下に大金を渡されます。

これを飛行場で待っている
カーターに手渡すのが役目です。

ただし地元警察に追われながら‥‥
(ビルキンスはFBI)

ブライアンとローマンの車の助手席には、
それぞれカーターの部下が座ってます。

ブライアンとローマンは、
カーターの部下と協力しながら
警察とカーチェイスを繰り広げます。

スーキーとテズの手助けもあり、
2人は見事に警察から逃亡します。

ローマンは助手席を外して、
カーターの部下を外に飛ばしました。

 

時を同じくして、
ブライアン達を見失ったFBIは、
カーターを拘束しようとしますが、
飛行場にはいませんでした。

 

ブライアンは指示を受けて、
海に向かいます。

カーターがクルーザーを用意して
待っていました。

カーターはブライアンと
裏切者のモニカを殺そうとします。

飛行場が行き先だと
計画前から知っていたのはモニカだけです。

ブライアンのピンチに
ローマンが遅れてやって来て
ブライアンを助けます。

さらにブライアンとローマンは、
逃げたカーターを追って
車でクルーザーに飛び乗ります。

ブライアンはカーターの左肩を撃ち、
FBIに身柄とお金を引き渡します。

お金はマネーロンダリングの証拠です。

モニカも無事に救出され、
2人は前科を消されました。

 

さて、
ローマンはお金の一部を
ズボンの中に隠しています‥‥

次作「X3 TOKYO DRIFT」のネタバレへ

 


 

スポンサーリンク



コメントを残す