「アンナチュラル」5話ネタバレと感想!視聴率も

 

ドラマ「アンナチュラル」の
第5話が放送されました。

今回もストーリーと共に
視聴率を確認して行きましょう。

〇第5話のストーリー

※ネタバレ含みます

今回の依頼人は、
青森から来た鈴木巧。

海に飛び込んで亡くなった恋人の
死因を特定して欲しいとのこと。

彼女が海に飛び込むところを
釣りをしていた老人がみており、
青森県警は自殺と断定しました。

しかし
その前日に巧はプロポーズしており、
恋人の果歩が死ぬはずがないと主張。

やがて解剖が始まりますが、
葬儀屋の木林が駆けつけて
解剖の中止を告げます。

実は巧は果歩の遺体を
彼女の東京の実家から盗んだのです。

果歩は東京育ちですが、
学歴がない巧と駆け落ちして
青森で暮らしていたのです。

果歩の両親は解剖を望んでいません。

両親が被害届を出さなかったので、
巧は警察から解放されます。

巧はミコトに
真実を突き止めて欲しいと頼みます。

 

中止となった解剖の際に、
中堂は体から肺を盗んでいました。

青森で海水を採取した中堂はミコトと共に、
果歩が顔面から海に落ちて
すぐに意識を失った事を突き止めます。

目撃者は、
「女性は足から落ちた」
と証言していたので食い違います。

さらに遺体の果歩は、
貰ったはずのネックレスを
身に付けていませんでした。

中堂にその話を聞いた鈴木は、
葬儀に参列していた果歩の同僚を
ナイフで刺しました。

果歩の同僚は、
自分より幸せそうな果歩に嫉妬し、
海に突き落としました。

その後、
自殺に見せかけるために
釣り人の前で果歩のフリをして
海に飛び込んだのです。

鈴木は逮捕されますが、
犯人は一命を取り留めます。

ミコトは鈴木の復讐を
後押しした中堂が許せず、
元恋人の事件について話せと迫りました。

〇5話の感想

いや~~~
刺したね~~

ミコトの言葉を聞き、
復讐を留まるのがよくあるパターン。

 

本当に刺すところが、
このドラマの評価するべきポイント。

誰も救われないエンドなら
犯人の女性には死んで欲しかったかなぁ。

そうすればミコトの涙が
もっと重い物になってた気がする。

決して人が死ぬことを
望んでいるわけではありませんよ。(笑)

 

動機がとにかくクソだったな。

しかも葬儀に参列して、
「鈴木君を許してあげて下さい」
って両親の前で泣いてたし。

面の皮が厚すぎる‥‥

 

六郎は遺体を解剖出来ないと知り、
末次に記事にして欲しいと頼むが、
面白いネタを持って来いと言われた。

だから六郎は、
鈴木が逮捕される場面を撮り、
データを末次に渡した。

六郎はお金を受け取らず、
無気力な顔で帰る。

窪田君の演技はやっぱり好きだな。
個人的には復讐シーンより
こっちの方が記憶に残ってる。

 

途中までミコトと中堂はいい感じだった。

中堂が少し笑うシーンなどほっこりした。

でも法医学で人を救いたいミコトは、
復讐をけしかけた中堂が許せない。

一方で中堂は
過去に恋人が殺されており、
誰よりも鈴木の気持ちが分かる。

だから彼に選ばせた。

中堂は復讐させたのではなく、
復讐するという選択肢を与えただけ。

このドラマ本当に面白い。

 

〇5話の視聴率

5話の視聴率は9.0%でした。

1話 12.7%

2話 13.1%

3話 10.6%

4話 11.4%


 

スポンサーリンク



コメントを残す