映画「トップガン」あらすじ、ネタバレ結末

映画「トップガン」の
ネタバレを結末まで公開します。

〇キャスト

マーベリック(トム・クルーズ)

チャーリー(ケリー・マクギリス)

グース(アンソニー・エドワーズ)

アイスマン(ヴァル・キルマー)

バイパー(トム・スケリット)

〇あらすじ

主人公のマーベリックは、
アメリカ海軍の戦闘機・F-14のパイロットです。

自由気ままなマーベリックの相棒は
心優しいレーダー係のグースです。

 

そんなある日、
マーベリックとグースはインド洋上で
国籍不明のミグ(戦闘機)に遭遇します。

仲間のクーガー機と共に
マーベリックは空中戦を行います。
(実弾を使って戦った訳ではない)

敵にロックオンされたクーガーは焦りますが、
マーベリックは相手を完全にバカにします。

2機は母艦に帰還しますが、
クーガーはロックオンされた恐怖で、
パイロットを辞めてしまいました。

一方のマーベリックは
上官に怒られます。

しかもミラマー基地に
送られる事になりました。

ミラマー基地には、
トップガンと呼ばれている
エリートパイロット養成学校があります。

マーベリックとグースは
5週間の厳しい訓練を受ける事になったのです。

スポンサーリンク

〇ネタバレ

トップガンに入ったマーベリックは
教官のバイパーやパイロットの
アイスマンなどと知り合います。

アイスマンと彼の相棒のスライダーは、
かなりの腕自慢の様子。

この日の夜、
訓練開始前の歓迎パーティーが行われます。

マーベリックは
そこで見かけた金髪美女・チャーリーに
一目惚れしてしまいました。

すぐに声をかけますが、
相手にされませんでした。

 

次の日、
航空機の専門家として
民間人の教官が現れます。

なんとチャーリーでした‥‥‥

チャーリーは
自分の専門分野であるミグを
目の前で見たマーベリックに
興味を示しました。

 

やがて実技訓練が行われ、
マーベリックとグースは
見事な手腕を見せつけます。

身勝手な2人は、
優等生のアイスマンと対立します。

さらに2人は教官のバイパーに
規律を守れと説教されます。

この日の夜、
家族がいるグースは、
「ここを卒業したいんだ」
とマーベリックに話します。

 

数日後、
マーベリックはチャーリーから
デートに誘われます。

喜んで待ち合わせ場所に行きますが、
彼女はマーベリックに
ミグの事を聞きます。

興味がミグにあると知り、
マーベリックは落胆して帰ります。

数日後、
自分の気持ちに正直になったチャーリーは
マーベリックに告白しました。

2人はそのまま結ばれ
恋人同士になりました。

 

日程も半分を過ぎ、
首席争いも激しさを増しました。

トップはアイスマン、
マーベリックは2位です。

ある日の実技訓練で、
バイパー機を狙うために
マーベリックは無謀な操縦をします。

帰還したマーベリックは、
その事をアイスマンに忠告されます。

そんなマーベリックですが、
チャーリーとの関係は良好です。

この日もアツい夜を過ごしました。

 

別の日の訓練で、
無謀な操縦をしたマーベリックは
事故を起こしてしまいます。

マーベリックは脱出しましたが、
グースが命を落としてしまいました。

責任は認められず、
彼は罪には問われませんでした。

教官のバイパーは、
自信を喪失したマーベリックに
「忘れろ」と告げます。

さらにチャーリーも慰めますが、
元のような天才的な操縦はせず、
保守的なパイロットになってしまいます。

そして新しい相棒とも息が合いません。

 

マーベリックは、
トップガンを去ろうとします。

彼の同僚のウルフマンから連絡を受け、
チャーリーが説得します。

そんなチャーリーも
ワシントンへの異動が決まっています。

チャーリーは、
ここに残ろうかと提案しますが、
マーベリックは頷けません。

 

そんな中、
マーベリックは教官の
バイパーに呼び出されます。

マーベリックの父親は、
彼と同じくパイロットでしたが、
その死の真相は明らかにされていません。

バイパーは機密である
マーベリックの父の死を話します。

 

マーベリックの父親は、
仲間の戦闘機を守る為に
敵の前に姿を現し撃墜されました。

場所が軍事境界線を越えていたので、
この件は国家機密になったのです。

 

話を聞いたマーベリックは、
トップガンを卒業する事を決意しました。

 

〇結末

そして卒業式が行われます。

 

マーベリックは出席して、
首席のアイスマンを祝います。

その祝賀会の途中で、
彼らに新しい任務が届きます。

インド洋上の情報収集艦が
危険に晒されているのです。

その支援が任務です。

アイスマン機とハリウッド機が出動し
マーベリックは母艦での待機を命じられます。

アイスマン機とハリウッド機は
相手も2機だと思っていましたが、
実は6機もいました。

すぐにハリウッド機が撃墜され、
マーベリックはアイスマンを助けるために
出撃する事になりました。

戦いの最中にかつての勘を
取り戻したマーベリックは、
アイスマンと協力して敵機を撃退します。

帰還したマーベリックは、
アイスマンと抱き合いました。

今回の件は新聞で報道され、
上層部はマーベリックを
トップガンの教官に任命しました。

マーベリックが基地に戻ると、
知らせを聞いたチャーリーが
ワシントンから戻ってきました。

2人は再会を喜びました。


 

スポンサーリンク



コメントを残す