「相棒16」14話のネタバレ感想!視聴率も

 

ドラマ「相棒16」の14話が
放送されました。

今回もストーリーと共に
視聴率も確認して行きましょう。

〇14話のストーリー

※ネタバレ含みます

得度式が行われ、
片山雛子が出家しました。

話題にはなりますが、
雛子の評判は良くありません。

 

一方で右京達は、
白骨遺体で発見された
公安の坊谷の事件を追っています。

そんな中、
右京、亘、美彌子の3人は、
3年前に亡命したヤロポロクが、
日本を出国していない事を知ります。

美彌子は大使館員から情報を得て、
ヤロポロクの自宅を訪ねますが、
よく似た別人が住んでいました。

 

第一発見者の常盤臣吾は、
バーニーというアメリカの友人から、
「誤って人を殺して埋めたから
掘り起こして欲しい」
と頼まれたと自白しました。

警察はそのアメリカ人こそが
ヤロポロクではないかと疑いますが、
彼の足取りは掴めません。

 

右京は美彌子に届いた手紙は、
ヤロポロクの筆跡に似せた
偽物だと推測しました。

右京と亘は捜査一課を動かして、
常盤の所持品を押収します。

その中には、
ヤロポロクの所持品である
美彌子と娘の写真がありました。

 

美彌子の取り調べに対し、
常盤は全てを白状します。

常盤はロシアに雇われた暗殺者で、
ロシアを裏切ったヤロポロクを
日本の彼の家で殺害しました。

その際、
美彌子の写真を見て好意を抱き、
美彌子の事を尾行していた
公安の坊谷を殺害したのです。

 

ヤロポロクの遺体が
発見されていない事を考えると、
遺体はアメリカが処理しています。

すなわちヤロポロク暗殺には、
アメリカも関わっていたのです。

 

常盤から全てを聞いた美彌子は、
誰もいない場所で号泣します。

時を同じくして片山雛子は、
選挙への出馬を明言しました。

「悪名は無名に勝る」

今回の出家騒動は、
ただの話題作りに過ぎない様子。

 

スポンサーリンク

〇14話の感想

300回記念がこんなんでええの??

まったく面白くなかったし、
予想通りヤロポロク死んでたし。
犯人はただのスケベだし。

暗殺した相手の妻の写真を見て
一目惚れとかヤバ過ぎるでしょ。

精神鑑定した方がいいと思うぞ。

 

これでヤロポロクの話はサヨナラかなぁ‥

数年かけた話にしては、
本当に残念な終わり方。

 

そんでもって片山雛子復活。
こっちは個人的には嬉しい。

 

2週かけてこの内容はザンネンだった。

来週のSPの方が面白そうなので期待。

〇14話の視聴率

14話の視聴率は17.3%でした。

ちなみにこれまでの視聴率は‥

1話 15.9%

2話 16.6%

3話 14.2%

4話 16.4%

5話 14.6%

6話 13.8%

7話 13.5%

8話 13.6%

9話 13.8%

10話 15.4%

11話 12.9%

12話 15.5%

13話 15.6%


 

スポンサーリンク



コメントを残す