「相棒16」13話のネタバレ感想!視聴率も

 

ドラマ「相棒16」の13話が
放送されました。

今回もストーリーと共に
視聴率も確認して行きましょう。

〇第13話のストーリー

※ネタバレ含みます

元法務大臣の瀬戸内米蔵が仮出所しました。

彼は兄弟弟子の蓮妙に連れられ
実家の寺に戻ります。

そんな米蔵の元を、
片山雛子、杉下右京、
檀家総代の息子の常盤臣吾が
訪ねて来ます。

右京は挨拶だけ、
雛子は出家したいと願い出、
臣吾は寺に住みつきました。

 

数日後、
寺の掃除をしていた米蔵と臣吾は、
墓地で白骨遺体を掘り起こします。

すぐに捜査が始まりますが、
身元は判明しませんでした。

 

そんな中、
広報課長の美彌子の元に
ヤロポロクから手紙が届きます。

手紙には見つかった白骨遺体は、
美彌子の事を探っていた公安の
坊谷という男だと書かれていました。

美彌子の話を聞いた亘は、
捜査一課の伊丹達を動かして、
坊谷の自宅を調べます。

遺体は紛れもなく坊谷でしたが、
死因は不明のままです。

 

一方で片山雛子は臣吾が、
ロシアの警察に捕まった事があると
右京に教えました。

衆議院議員だった雛子は、
報告書に目を通して
その事を覚えていたのです。

 

右京と米蔵は臣吾を問い詰めますが、
彼は何も答えませんでした。

一方の美彌子は、
警視庁に手紙を提出します。

ヤロポロクが日本に
上陸した痕跡はありませんでした。

 

右京と亘の上司である甲斐峯秋は、
今回の事件で何か分かったら
逐一報告して欲しいと命じました。

 

〇13話の感想

今回は放送300回記念の前篇。
次回の後篇が300回目の放送。

人気がある瀬戸内米蔵と
片山雛子の揃い踏み。

テレ朝の気合は伝わってきたけど、
登場人物が多すぎて話が微妙。

今回の話で雛子は永遠にサヨナラかな‥

美彌子はヤロポロクの手紙を
警察の上層部に提出した。

ヤロポロクと美彌子の仲介者が
日本にいる事が判明。

予告で美彌子が泣いていたから
ヤロポロクは死んだのかな?

 

結局のところ、
13話自体はまったく面白くなかった。

次週の後篇は大丈夫かな‥

〇13話の視聴率

13話の視聴率は15.6%でした。

ちなみにこれまでの視聴率は‥

1話 15.9%

2話 16.6%

3話 14.2%

4話 16.4%

5話 14.6%

6話 13.8%

7話 13.5%

8話 13.6%

9話 13.8%

10話 15.4%

11話 12.9%

12話 15.5%


 

スポンサーリンク



コメントを残す