「相棒16」12話のネタバレ感想!視聴率も

ドラマ「相棒16」の12話が
放送されました。

今回もストーリーと共に
視聴率も確認して行きましょう。

〇12話のストーリー

サイバーセキュリティ対策本部の青木と
副総監の衣笠が何者かに襲撃されました。

警視庁は対策本部を作ります。

警視庁は副総監が
7年前にカルト教団の一斉検挙を
指揮していた事が原因だと考え、
神奈川県警も本部に加えます。

 

青木から話を聞いた右京は、
衣笠の娘の里奈と知り合いなので、
彼の自宅を訪れます。

里奈の母の祥子は療養中で、
家事は家政婦の晃子が担っています。

衣笠の自宅には
4年前に脅迫状が届く事件が起きており、
祥子が体調を崩したのもその時期です。

 

右京は晃子の事を怪しみ、
彼女の身辺を調査します。

右京の読みは当たります。

 

晃子は4年前に強姦され自殺した
ある女性の遺族でした。

この事件の加害者が
警察庁のお偉いさんの知り合いだったので、
捜査は途中で打ち切りとなりました。

この捜査打ち切りを
所轄に命じたのが衣笠です。

 

衣笠を恨んでいた晃子は、
彼の自宅を張り込んでいましたが、
そこで祥子と知り合いました。

実は祥子も若い時に、
強姦された過去があります。

夫の事が許せなかった祥子は、
晃子が書いた脅迫状を
自宅内に置いたのです。

その後、
祥子は体調を崩し、
晃子を家政婦として雇いました。

右京は祥子に
「他にもやり方があったはずだ」
と伝えます。

 

一方で衣笠と青木を襲った男は
右京と亘によって逮捕されました。

なんと衣笠の情報を流していたのは、
青木の同僚の警察官でした。

教団の事を見張っていた警官は、
洗脳されてしまったのです。

スポンサーリンク

〇感想

4年前に発生した脅迫状は、
祥子と晃子が置いた物。

カルト教団は関係なし。

脅迫状を置いたものの
体調を崩してしまう祥子ママ。

「娘さんの面倒は私が見るわ」
と申し出る晃子ママ。

晃子は良く出来た人だと思うけど、
祥子はよく娘を託す気になったな。

 

副総監を襲ったのはカルト教団の生き残り。

こっちの話は適当だったな。(笑)

 

最後は家族3人が揃って
食事をする衣笠家。

衣笠のあの表情は‥‥
そろそろ引退か??

 

来週と再来週は
放送300回記念SP。

遂にあの埋められた死体が出てくるのね。
ちょっと忘れてたわ。(笑)

まぁとりあえず楽しみです。

 

〇12話の視聴率

12話の視聴率は15.5%でした。

ちなみにこれまでの視聴率は‥

1話 15.9%

2話 16.6%

3話 14.2%

4話 16.4%

5話 14.6%

6話 13.8%

7話 13.5%

8話 13.6%

9話 13.8%

10話 15.4%

11話 12.9%

 


 

スポンサーリンク



コメントを残す