「アンナチュラル」1話ネタバレと感想!視聴率も

スポンサーリンク

ドラマ「アンナチュラル」の
第1話が放送されました。

ネタバレと共に
視聴率を確認して行きましょう。

〇1話のストーリー

※ネタバレ含みます

不自然死究明研究所で働く
解剖医の三澄ミコトの元には
全国から異状死体が届きます。

この研究所には、
同じく解剖医の中堂や、
臨床検査技師の東海林、
バイトの久部などがいます。

個性的なメンバーをまとめているのは、
厚生省で働いていた神倉所長です。

 

そんな中、
一人暮らしをしていた高野島という
男性の遺体がラボに搬送されました。

警察は心不全として
遺体を処理しましたが、
両親が不審に思ったのです。

 

ミコトの解剖の結果、
心不全ではなく腎不全だと判明し、
彼女達は毒物死を疑います。

しかし検査では、
体内から毒物は発見されていません。

 

未だに解明されていない
名前のない毒物の存在を疑う一同。

そんな中、
高野島の若い同僚女性も
突然死している事が判明します。

 

一方でミコトは、
彼氏の関谷聡史にプロポーズされ、
彼の両親と会う事になりました。

 

高野島の職場を訪れたミコト達は、
第一発見者で彼女の馬場路子が、
劇薬を使用する部署に
所属している事を知ります。

ミコト達は彼女を疑いますが、
犯人ではありませんでした。

 

やがて高野島が
中東に出張していた事からミコトは
彼がMERSに感染して死んだと突き止めます。

亡くなった同僚女性も
おそらく高野島から感染し
命を落としたのです。

これ以上の感染拡大を防ぐために
神倉は世間にこれを公表します。

高野島は悪者扱いされ、
彼の両親は心ない言葉に傷付けられ、
路子も涙を流します。

路子はミコトに
高野島が帰国後に健康診断を受け、
異状が見つかってない事を話します。

さらに高野島は帰国した日に
路子と会っていました。

しかし路子は感染していません。

 

彼女の話を聞いたミコトは
高野島が健康診断を受けた大学病院の
研究施設からウイルスが漏れた可能性を疑います。

いつもは非協力的な中堂が
大学病院から漏れ出した証拠を見つけ、
神倉たちは院長を問い詰めました。

 

後日、
記者会見を開いた院長は、
ウイルスが漏れた事を発表し、
高野島と彼の家族、
そして世間に頭を下げました。

 

一方でミコトは、
証拠を集めるために
他の遺体を解剖しました。

その結果、
関谷一家との食事会に遅刻し、
聡史を失望させてしまいました。

 

〇感想

キャストがいい感じですね。

六郎(窪田正孝)と飲み仲間(池田鉄洋)の
関係がまったく分かりませんが。

 

やっぱり医学系のドラマは
個人的には好きだなと感じた。

それとテンポよく、
二転三転とする展開は好ましい。

 

彼女が犯人でも、
被害者が感染源でもない。

何か1つのヒントでも欠けていたら
真相は究明できていませんでした。

こうやって事実は隠されてるんだろうな‥‥

 

一方でミコトは、
結婚話が白紙に戻ってしまいました。

ミコトは弟に
「彼氏の寝顔が可愛い」
と話しました。

しかしミコトの弟は母に
「ミコトは寝顔を見せられない」
と話していました。

 

最初は仕事が忙しいからとか考えましたが、
ミコトは過去に重大な事件に
巻き込まれたと六郎が聞いていました。

この辺りにミコトが
この仕事を選んだ理由や、
寝顔を見せられない理由がありそうですね。

 

それと中堂は、
赤い金魚と呼ばれる何かを
葬儀屋に頼んで探しています。

この2人の動向も気になりますね。

 

〇視聴率

1話の視聴率は12.7%でした。

 


 

スポンサーリンク



コメントを残す