「ファイアーエムブレム 暁の女神」キャラ評価(前半)

今回は「FE 暁の女神」に 
登場するキャラの評価をしていきます。

「蒼炎の軌跡」の評価はこちら

〇評価基準

S(エースキャラ) 
A(エース予備軍) 
B(スタメン) 
C(2軍) 
D(3軍) 
E(戦力外)

 

スポンサーリンク

〇キャラ評価

・ミカヤ・・・B
職業 光魔導士→光の賢者→巫女

銀の髪の乙女と呼ばれる主人公で、
前作にも登場したサザの義姉弟。

魔力、幸運、魔防の成長は抜群。

しかし、
体力、速さ、守備が伸びにくい。

後半は主人公の座も奪われ地味だが、
強制出撃なので育てておきましょう。


・エディ・・・B
職業 剣士→剣豪→剣聖

暁の団の若き剣士。

技、速さに加えて、
体力、力、幸運も伸びる剣士。

ただ育てるのが大変で、
ワユ様の影に隠れやすい。

個人的にはオススメ。


・レオナルド・・・D
職業 弓兵→狙撃手→神射手

暁の団の若き弓兵。

いや~~~
別に弱くないけど‥

技と幸運ばかり伸びる印象。

シノンとヨファが強いので、
最終メンバーは厳しいね。


・ノイス・・・C
職業 戦士→勇士→斧雄士

暁の団のオッサン。

見た目に反して
技と速さばかり伸びる。

ボーレと彼は好みでいいと思う。

強いて言えば彼は地属性。


・ローラ・・・C
職業 神官→司祭→聖者

回復役にしては
成長率が高水準だと思う。

序盤で育てておけば、
後半でも使う事はできる。


・サザ・・・D
職業 盗賊→密偵

パッケージにも描かれている重要人物。

登場時は頼りになるが
すぐにニケと漆黒の騎士が加入し
1部でさえも後半は影が薄い。

再登場した時には、
すでに能力が追い付いてない。

さらに上位互換のフォルカの存在・・・
相変わらず報われないね。

それでも終章のメンバーなので
育てておかないと後悔する。


・イレース・・・D
職業 雷魔導士→雷の賢者→大賢者

大食い女王。

成長率自体は前回同様に微妙。

速さが伸びるかどうかがカギ。

彼女は出撃回数が最多なので、
育てるのは比較的簡単だが、
今作はセネリオが強いんだよね・・


・ブラッド・・・B
職業 兵士→槍闘士→聖槍使い

ネフェニーのライバル。

守備が伸びるので
いい壁役に成長する。

力、守備のブラッドか、
速さと魔防のネフェニーか。

同じ職種は2人もいらないので、
最終メンバーはお好みで。


・メグ・・・E
職業 剣重装兵→剣武将→将帥

ツイハークの嫁(?)

登場時のレベルが低く、
育てるのが面倒くさい。

しかも力が上がりにくい。

頑張って育てれば
「エタルド」と「月光」の組み合わせで
頼りになるユニットになるのだが・・


・オルグ・・・D
職業 獣牙族

女王の犬。

第1部では頼りになるが
今作では王族が仲間になるので、
一般ラグズは出番が少なめ。


・タウロニオ・・・D
職業 槍武将→将帥

登場時は頼りになるが、
再登場後に出番はないかな。

意外にも成長率は高い。


・ジル・・・C
職業 竜騎士→聖竜騎士→神竜騎士

赤の女性竜騎士。

前作に比べて体力と守備が低下し、
魔防が伸びやすくなった。

出撃回数が多い上に
2段階クラスチェンジできるので、
普通に活躍できるが、
今作はあのお方が強すぎる。


・ツイハーク・・・D
職業 剣豪→剣聖

前作よりは強くなったが、
剣聖候補者では1番地味。


・フリーダ・・・D
職業 槍騎士→槍騎将→白銀騎将

登場時がとにかく弱く、
育てるのが非常に面倒くさい。

速さ、幸運、守備、魔防が伸びるので、
無理やりレベルを上げれば
1軍でも活躍できるポテンシャルはある。


・トパック・・・E
職業 炎の賢者→大賢者

笑えるぐらいに出番が少ない。

彼は第1部の中盤に加入し、
第2部と第3部は出番なし、
再登場は第4部終盤。

もちろん再登場した時には、
敵がアホみたいに強い。

出番がなさ過ぎて評価できん。

ちなみに弱くはありません。


・ムワリム・・・E
職業 獣牙族

トパックと同じ。


・ビーゼ・・・E
職業 鳥翼族

トパックと同じ。


・ニケ・・・S
職業 狼女王

我が愛しの女王。

王族ラグズが第1部で使える喜び。

もちろん後半でも使えるぞ。


・ラフィエル・・・B
職業 白鷺王子

今作は白鷺が3人登場する。

前作にも登場したリュシオンとリアーネ、
そして2人の兄のラフィエルです。

終章は3人の内の1人だけ
連れて行くことができます。

ラフィエルの特徴は、
化身前でも周囲4人を
再行動させる事ができます。

しかし病を患っているので、 
空を飛ぶ事ができません。

移動力も低く再移動も不可です。

それと幸運と魔防以外はほぼ伸びません。


・漆黒の騎士・・・評価なし

彼は完全にお助けユニット。
頼り過ぎには注意。

 

スポンサーリンク

・エリンシア・・・B
職業 女王

クリミア女王。

最初から最上級クラス。

守備が気になるが、
初期値も成長率も高水準。

専用武器・アミーテが使い放題なので、
評価も自然と高くなる。


・マーシャ・・・D
職業 聖天馬騎士→神天馬騎士

なんやろ。
全部中途半端な印象。

ペガサスを使うぐらいなら
ドラゴン二刀流でいいと思う。


・リアーネ・・・B
職業 白鷺王女

リュシオンの妹。

彼女の場合は化身状態に関係なく
周囲2人を再行動させる事ができる。

ラフィエルと比べると
移動力と再移動の点で勝る。


・ニアルチ・・・E
職業 鳥翼族

お爺ちゃんカラス。

キャラ的には結構好きだが
さすがに使えん。


・ハール・・・A
職業 聖竜騎士→神竜騎士

前作は手を抜いてたな。(笑)

初期値が高い上に、
とにかく力、技、守備が伸びる。

弓特効がないので、
物理攻撃にはめっぽう強い。

頼りになる存在だが、
雷魔法の必殺を受ければ
瞬殺されるので注意が必要。


・ネフェニー・・・B
職業 槍闘士→聖槍使い

技、速さ、魔防が伸びやすい。

彼女かブラッドは好みの問題。


・チャップ・・・D
職業 斧武将→将帥

別に弱くないが
ガトリーの方が使いやすい印象。

彼の「武装解除」を上手く使うと
ヘザーで敵の武器を盗み放題。


・ヘザー・・・B
職業 盗賊→密偵

ヘザー窃盗団の頭目。

武装解除→盗むはこのゲームの醍醐味。

しかも「すり抜け」を持っているので、
どこへでも自由に動ける。
(ちょっと大げさだけど・・・)


・ルキノ・・・D
職業 剣豪→剣聖

前作よりは強くなった。

それでも1軍はないなぁ。


・レテ・・・E
職業 獣牙族

速さ以外に特徴がない。

そもそもライの方が強い。


・モゥディ・・・E
職業 獣牙族

体力と守備が高いが
化身が解けると前線には立てない。


・ジョフレ・・・C
職業 槍騎将→白銀騎将

出番は少ないが
エリート持ちなので育成は追いつく。

技と魔防が伸びやすいが
決して使いやすくはない。


・ケビン・・・B
職業 斧騎将→黄金騎将

前作のエースも少し劣化した印象。
上限が下がったからね。

それでも力と守備が伸びやすいので、
騎馬ユニットの中では第1位かな。


・マカロフ・・・C
職業 剣騎将→黄金騎将

速さの成長率が高過ぎ。(笑)

別に弱くはないけど
剣使いには困ってない。


・ステラ・・・D
職業 弓騎将→白銀騎将

初期値が低いが育てるのは簡単。

愛を持って育てれば強くはなるが、
そこまでするメリットをあまり感じない。

何故なら他の弓兵が優秀だから。


・ウハラダ・・・E
職業 槍闘士→聖槍使い

前作に登場したダラハウ。

特徴なし。
見た目は特徴だらけ。


・カリル・・・D
職業 炎の賢者→大賢者

第2部では使えるが、
再登場後は能力的に厳しい。


ユニットが多いので2回に分けます。
前半はここまで。

後半へ

 

 

スポンサーリンク



コメントを残す