「相棒16」8話のネタバレ感想!視聴率も

スポンサーリンク

「相棒16」の8話が放送されました。

今回もストーリーと共に
視聴率を確認しておきましょう。

〇8話のストーリー

※ネタバレ含みます

冒頭、
中央アジアのトルジスタンの
ある村がミサイルで攻撃され、
1人の少年が命を落としました。

 

 

警視庁公安部は
中央アジア系のテロ組織が
日本に入国したという情報を掴み、
嗣永を中心とした外事三課が
テロ組織を追い始めます。

 

時を同じくして右京と亘は
街中でジゴクバチという
外来生物を発見します。

ジゴクバチは中央アジアに
生息しているようです。

 

環境省に連絡した2人は
そのまま駆除を手伝いますが、
偶然にもジゴクバチに刺された
女性の遺体を発見します。

女性の事を調べた右京は、
藤本というカメラマンと知り合います。

藤本は中央アジアで
被害者の女性と知り合っており、
藤本が撮った集合写真には、
商社の社員と現社長が写っていました。

 

商社を怪しむ右京ですが、
事務次官の日下部に圧力をかけられます。

それでも東京地検特捜部の
黒崎の協力を得て大手商社(名前忘れた)が
武器を売りさばいている事を知ります。

そんな中、
写真に写っていた商社の社員が
ジゴクバチに刺されて命を落とします。

右京は社長の身を案じますが、
公安部外事課に拘束されます。

カメラマンの藤本が公安の嗣永でした。

彼はカメラマンのフリをして、
中央アジアに潜入していたのです。

嗣永の話では、
テロ組織のメンバーたちが、
今回の犯人のようですが・・・

 

やがて商社の社長も
同じ手口で殺されてしまいます。

 

テロ組織を追って海外に行く、
嗣永を引き止める右京。

今回の犯人はテロ組織ではなく
警察官である嗣永だったのです。

カメラマンとして潜入した嗣永は、
村で医者になりたいという
少年と知り合いました。

しかし商社が売った武器によって
少年は命を落としました。

その事を知った嗣永は、
テロ組織の犯行と見せかけて、
武器売買に関わった人物を
殺害したのでした。

 

〇8話の感想

また警察の失態かよ。

警察官が犯人パターンが多いな。

そもそも今回の終わり方が嫌い。
後半が駆け足過ぎる。

なんで嗣永は素直に捕まった?

ダークウェブ繋がりで
嗣永も自殺するかと思った。

 

特命係に関わった者は不幸になる。

特捜部の黒崎(?)は高松へ飛ばされた。

陣川君は登場すらできない。

 

 

ジゴクバチってネーミングセンス。(笑)

俺は結構好きやで!!

変な色してたな~~
実際にいたらマジでビビる。

〇視聴率

視聴率は13.6%でした。

ちなみにこれまでの視聴率は・・

1話 15.9%

2話 16.6%

3話 14.2%

4話 16.4%

5話 14.6%

6話 13.8%

7話 13.5%


 

スポンサーリンク



コメントを残す