「刑事ゆがみ」3話のネタバレ感想!視聴率も

スポンサーリンク

ドラマ「刑事ゆがみ」の
第3話が放送されました。

今回もストーリーと共に
視聴率を確認して行きましょう。

〇3話のストーリー

※ネタバレを含みます

羽生は退職辞令交付式の準備をします。

彼が熱心に準備している理由は、
自分が交番勤務時代にお世話になった
真下誠が定年を迎えるからです。

真下はとても真面目な男で
羽生は彼を警察官の鏡だと
弓神に紹介します。

 

しかし式の数日後、
山の中で頭を殴られて
意識不明に陥った真下が
病院に搬送されました。

現場に残された証拠から、
羽生は堀田という男を捕まえます。

前科がある堀田は上司に頼まれて、
廃棄物を山に捨てようとしていました。

偶然居合わせた真下が注意して、
堀田がスコップで真下の頭を
殴ったと考えられましたが、
堀田は正当防衛を主張します。

 

一方で弓神は
真下の娘の唯香から話を聞きます。

彼女には18年前に家出した
静香という姉がいるようです。

さらに弓神は真下が毎年
ハゼの木の絵を描いている事を知ります。

 

ヒズミの力を借りても
静香の足取りが掴めない弓神は、
事件の真相に辿り着き羽生に
山の中にあるハゼの木の下を掘らせます。

そこには静香の遺体が埋まっていました。

 

真下が仕事をしている間に
彼の妻は脳梗塞で命を落としました。

静香は家事の全てを押し付けられ、
限界を迎えて家を出ようとしましたが、
真下は平手で彼女の頬を叩きました。

その反動で頭を怪我した静香は
命を落としてしまったのです。

残される唯香の事を思うと
真下は自首できなかったのです。

 

事件解決後、
羽生はこの事を唯香に伝えるのでした。

 

〇3話の感想

個人的には普通に面白かった。

姉が行方不明って分かった段階で
「死んでるな」と思った人は多いはず。

真下は警察官の鏡のような男だが
その為に家族はバラバラになった。

さらに彼自身も殺人を犯している。

いくら娘の為って言われても
まったく同情する気にもならない。

最後に、
写真を持っていたと聞いた唯香が
涙を流すシーンがあった。

18年も騙されてて、
写真を見せられたぐらいで
感動して泣くかな‥

俺ならやっぱり絶対に許さんけどな。

唯香は結婚式も控えてたのに可哀想。
もしかしたら結婚自体が危ういな。

 

そもそも寺脇さんが
退職間近の警官に見えん。(笑)

ではまた来週。

 

〇3話の視聴率

3話の視聴率は6.0%でした。

 

 

スポンサーリンク



コメントを残す