映画「レッドクリフ2」あらすじとネタバレ結末

映画「レッドクリフ パート2」の
ネタバレを結末まで書いていきます。

・キャスト

孔明(金城武)

周瑜(トニー・レオン)

劉備(ヨウ・ヨン)

孫権(チャン・チェン)

小喬(リン・チーリン)

尚香(ヴィッキー・チャオ)

趙雲(フー・ジュン)

関羽(バーサンジャブ)

張飛(ザン・ジンシェン)

甘興(中村獅童)

曹操(チャン・フェンイー)

パート1のネタバレへ

 

〇あらすじ

孔明は孫権の妹・尚香を
スパイとして曹操軍に
派遣していました。

尚香は鳩を飛ばして、
曹操軍の内情を孔明に知らせます。

曹操陣営内では、
疫病が流行っているようです。

 

その曹操ですが、
呑気に蹴鞠大会を開いています。

曹操は蹴鞠大会で活躍した
少しぽっちゃりとした兵士を
千人部隊の隊長に昇進させました。

尚香はこの男と仲良くなります。

 

そんな中、
曹操は疫病で亡くなった者の遺体を
船で対岸の孫劉同盟軍に送り込みました。

周瑜は怒り、
孔明は冷静に遺体を焼きます。

多くの遺体を見た小喬は涙を流します。

 

やがて孫劉同盟軍でも
疫病が流行り始めます。

劉備は2万の兵を守る為に
夏口まで撤退する事を決意します。

孫権や孔明が止めますが、
周瑜は劉備を見送りました。

そして主人公である孔明は、
孫権軍に残ります。

 

一方で曹操軍は、
船に慣れていない北方軍のために
船同士を鎖で繋いで固定しました。

尚香はすぐに孔明に知らせます。

そんな曹操は配下の蒋幹を
周瑜の元に向かわせます。

蒋幹は周瑜と旧知の中で
降伏させようと考えているのです。

スポンサーリンク

〇ネタバレ

孫権軍は矢が不足していました。

孔明は3日で10万本の矢を
用意すると周瑜に宣言します。

すると周瑜は
蔡瑁と張允を消す
と約束します。

 

孔明は参謀の魯粛に
「20隻の船と藁人形を用意して欲しい」
と依頼します。

 

一方で周瑜は
対岸からやって来た蒋幹と飲みます。

この際、
「蔡瑁と張允が裏切っている」
という偽情報を蒋幹に流します。

 

蒋幹はこの事を曹操に伝えます。

 

孔明は魯粛と共に
藁人形を立てた船に乗って、
曹操陣営に近付きます。

この日は孔明の予想通り濃霧で、
蔡瑁と張允は出陣せずに
弓だけを放ちました。

魯粛はビビっていますが、
孔明は呑気に酒を飲んでいます。

孔明は船に刺さった
10万と200の矢を周瑜に渡し、
怒った曹操は蔡瑁と張允を斬りました。

尚香はこの事を孔明に知らせます。

曹操は愚かな蒋幹も処罰し、
2日後の出陣を命じます。

 

時を同じくして、
潜入していた尚香が
スパイだとバレました。

蹴鞠で活躍した隊長の
千人隊が尚香を助けて
彼女を逃がしました。

 

やがて尚香が
同盟軍の元へ帰ってきます。

彼女は自分の服に
曹操軍の陣形を書いていました。

 

これを見た孔明と周瑜は、
火攻めを思い付きますが、
1つだけ問題があります。

今の季節は西北の風(逆風)が
吹いているのです。

 

空を見上げる孔明。

孔明は周瑜や孫権に
「日が替われば風向きが変わる」
と宣言します。

しかし、
今にも曹操軍が攻めて来そう・・・

会話を聞いていた小喬は、
曹操軍の出陣を遅らせるために
曹操の元へ向かいます。

 

時を同じくして劉備軍の
3猛将は命よりも大切な物を
守る為に戦場に向かいました。

劉備は最初から
出陣する気だったようですが‥

 

スポンサーリンク

〇結末

いよいよ曹操軍が出陣する頃、
小喬が曹操の前に現れました。

スケベな曹操は、
小喬が淹れたお茶を飲むために
出陣を見送ります。

 

一方の周瑜は孔明を信じ、
予定時刻に進軍を開始します。

老将・黄蓋の軍船が
正面から敵の軍船に突進し
火を放ちます。

孫権軍は正面から敵にぶつかり、
移動していた劉備軍が東西から
曹操軍を挟み撃ちにします。

鎖で繋いでいた曹操軍の船は
燃えるもえるモエル。

矢を受けた甘興将軍は、
大量の油瓶を持って自爆し、
敵陣の大門を打ち破りました。

同盟軍の総攻撃を受けた曹操軍は敗北。

戦闘の際、
尚香は自分を逃がしてくれた
隊長の死を目の当たりにします。

 

窮地に陥った曹操軍は
小喬を人質に取りますが、
趙雲が救い出します。

曹操は連合軍に囲まれますが、
周瑜は戦に虚しさを感じ
彼を見逃しました。

 

戦が終わり、
孔明と周瑜の別れの時が訪れます。

周瑜と小喬は友情の証として、
生まれたばかりの仔馬を
孔明に贈りました。

その後、
この2人の英雄は
ライバルとして戦いますが、
それはまだ先のようです。

映画を観るならU-NEXTがオススメです。


 

スポンサーリンク



コメントを残す