映画「レッドクリフ PartⅠ」ストーリーを結末までネタバレ

スポンサーリンク

映画「レッドクリフ パート1」の
ネタバレを結末まで書いていきます。

・キャスト

孔明(金城武)

周瑜(トニー・レオン)

劉備(ヨウ・ヨン)

孫権(チャン・チェン)

小喬(リン・チーリン)

趙雲(フー・ジュン)

関羽(バーサンジャブ)

張飛(ザン・ジンシェン)

甘興(中村獅童)

曹操(チャン・フェンイー)

〇あらすじ

三国時代の中国でのお話です。

曹操は漢王朝の丞相となり、
帝を裏で操っていました。

袁紹を倒して北を平定した曹操は、
遂に南下を開始しました。

この際、
南下に反対した孔融は
出陣の生け贄にされました。

 

荊州にいた劉備は、
自分を慕う民たちを連れて、
南へと逃亡しますが、
長坂で追いつかれます。

劉備の配下の将軍・趙雲は、
逃げ遅れた劉備の妻子を守る為に
敵軍の中で孤軍奮闘。

劉備の妻は命を落としますが、
跡継ぎの阿斗は守られました。

 

時を同じくして、
劉備の義弟の関羽と張飛も
少ない軍で曹操軍を足止めします。

 

夏口に逃げ込んだ劉備に対し、
軍師の孔明は江東の孫権と
同盟を結ぶべきだと進言します。

こうして主人公である孔明は、
孫権を説得するために
自ら江東へと向かいます。

 

一方で曹操は、
荊州で投降してきた蔡瑁と
張允を自軍に迎え入れました。

 

〇ネタバレ

孔明は孫権の配下の
魯粛と気が合います。

孔明は魯粛を間に入れ、
孫権に謁見します。

文官たちは戦争に反対しており、
孫権は決戦と降伏で悩んでいました。

「時間をくれ」
と言われた孔明は
大都督の周瑜に会いに行きます。

2人は稀代の英雄。
すぐに意気投合しました。

しかも周瑜の自宅を訪れた孔明は、
周瑜の妻・小喬が大事にしている
馬の子供を取り上げました。

難産だったので
周瑜と小喬も大喜び。

 

一方の曹操は、
絶世の美女として有名な小喬を
手に入れようと考えていました。

 

数日後、
周瑜は悩み続けている孫権を連れ、
狩りに行きました。

立派な虎を仕留めた孫権は、
曹操との決戦を決意して、
同盟を結ぶ事に同意しました。

孫権は周瑜を大都督に
程普を都督、魯粛を参謀に任命し、
自らの剣を周瑜に渡します。

 

やがて周瑜達が
劉備の陣営にやって来ます。

意外と張飛は達筆のようです。

孫権の妹の尚香も
戦に出たがっています・・・

 

一方の曹操軍は、
船の上で宴会を開いています。

孫権からの使者も
斬ってしまいました。

 

〇結末

曹操軍の先鋒が
騎兵だと考える孔明と周瑜。

得意な水上戦に持ち込むために
まずは陸上戦で勝利する必要があります。

 

尚香の部隊が囮となり、
敵を八卦の陣に誘い込みます。

孫劉同盟の猛将たちが
次々と敵を倒すシーンは今回の見どころ。

張飛は武器も持たずに突進(笑)

総崩れとなった曹操軍は敗走。

陸上で大敗北を喫した曹操は、
赤壁での水上戦を選択する事に。

決戦の前に、
曹操軍は赤壁の真向かいに
要塞のような陣を敷きます。

 

一方で孫権は、
劉備に妹の尚香との縁談を勧めます。

尚香は怒ってその場を後にしますが、
そんな彼女に孔明がある事を依頼します。

それは曹操軍への潜入です。

 

 

Part2へ続く。

 


 

スポンサーリンク



コメントを残す