「スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還」のネタバレ結末

スポンサーリンク

今回は「スターウォーズ/ジェダイの帰還」の
ネタバレを結末まで公開します。

・キャスト

ルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)

ハン・ソロ(ハリソン・フォード)

レイア・オーガナ(キャリー・フィッシャー)

ダース・ベイダー(ジェームズ・アール・ジョーンズ)

オビ=ワン・ケノービ(アレック・ギネス)

チューバッカ(ピーター・メイヒュー)

ヨーダ(フランク・オズ)

パルパティーン(イアン・マクダーミド)

アナキン・スカイウォーカー(セバスチャン・ショウ)

・あらすじ

冷凍されたハン・ソロは、
タトゥイーン星で要塞をかまえる
ジャバ・ザ・ハットの元に
輸送されました。

チューバッカとランドは、
ルークたちに先行して、
ソロ救出に向かいます。

一方の帝国側は、
デススターの2号機を建設します。

ルークとレイアも
タトゥイーンに辿り着き、
一行は無事にソロを救出します。

・ネタバレ

ルークは死の床に伏せている
ヨーダの元を訪れます。

ヨーダと精神体のオビ=ワンは、
ダース・ベイダーの正体が
ルークの父のアナキンだと明かし、

真のジェダイ騎士になる為には、
父を倒せと告げます。
さらにもう1つ‥‥
レイアとルークが双子だとも‥‥

全てを打ち明けたヨーダは、
静かに息を引き取りました。

 

パルパティーン皇帝は、
惑星エンドアの軌道上に建設した
デススター2号の視察に向かいます。

このデススターは、
エンドアにエネルギー源がある
シールドによって守られています。

 

 

ランドはデススターの
攻撃部隊に加わる事を志願し、

ルーク、ソロ、レイアは、
シールドを破壊する為に
エンドアに向かいました。

 

 

森の惑星であるエンドアには
原住民のイウォークが暮らしています。

彼らは金色に光っている
C3-POを神だと勘違いして、
反乱軍に協力しました。

 

そんな中、
ルークはベイダーと戦うために
帝国軍に降伏したフリをします。

・結末

デススター内に連行されたルークは、
ベイダーに一騎打ちを挑み
見事に勝利します。

パルパティーン皇帝は、
フォースの力を使って
ルークの事を傷付けます。

するとベイダーが起き上がり、
パルパティーン皇帝を倒しました。

ルークは、
傷付いたベイダーの仮面を取り、
父親の素顔を確認しました。

アナキン(ベイダー)は、
息子の腕の中で息を引き取ります。

 

 

一方でソロとレイアは、
シールドの破壊に成功していました。

ランド達が総攻撃を仕掛けて、
デススター2号を爆破し、
帝国の支配に終止符を打ちました。

スポンサーリンク





コメントを残す