「スター・ウォーズ エピソード5 帝国の逆襲」のネタバレ結末

スポンサーリンク

今回は「スターウォーズ/帝国の逆襲」の
ネタバレを結末まで公開します。

・キャスト

ルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)

ハン・ソロ(ハリソン・フォード)

レイア・オーガナ(キャリー・フィッシャー)

ダース・ベイダー(ジェームズ・アール・ジョーンズ)

オビ=ワン・ケノービ(アレック・ギネス)

チューバッカ(ピーター・メイヒュー)

ヨーダ(フランク・オズ)

・あらすじ

前作から3年後、

デススターを失った帝国軍は、
圧倒的な武力で反撃を開始します。

 

レイアはヤヴァンから撤退し、
ホスという氷に覆われた惑星に
反乱軍の新しい基地を作ります。

 

 

ある日、
ルークは見回りに出かけた先で
怪物・ワンパに襲われます。

ルークはワンパを倒しますが、
猛吹雪なので気絶します。

ここでルークは、
精神体になったオビ=ワンに
ジェダイマスターのヨーダに
鍛えてもらえと助言されます。

 

その後、
ルークは迎えにきた
ハン・ソロに救出されて
基地に戻ります。

・ネタバレ

帝国軍がホスに攻め込み、
ハン・ソロ、チューバッカ、レイア、
C-3POはファルコン号で脱出します。

一方のルークはR2-D2と共に
Xウイングに乗り込んでヨーダがいる
惑星・ダゴバに向かいました。

 

そこでルークは
緑色の異形な姿の
ヨーダと対面します。

すぐに修業が始まりますが、
思うようには進みません。

 

 

時を同じくしてファルコン号は、
帝国軍の追撃を避けながら
雲の惑星ベスピンに辿り着きます。

ベスピンの都市を統治するランドは、
ハン・ソロの古い友人です。

 

ところが帝国に
不干渉を持ちかけられたランドは、
彼らをダース・ベイダーに差し出します。

ダース・ベイダーはルークを冷凍して
輸送しようと考えていました。

そこで実験台としてソロを
カーボンフリーズする事を思い付きます。

 

 

ソロが冷凍されると知り、
レイアは彼に告白します。

レイアの言葉を聞いたソロは、
冷凍器の中に消えて行きました。

・結末

修行を積んだルークは、
フォースの力によって、
レイアの窮地を悟ります。

ヨーダとオビ=ワンは止めますが、
ルークはベスピンに向かいました。

その間にランドがファルコン号で
レイアを救出していました。

 

 

ベスピンに着いたルークは、
遂にダース・ベイダーと対峙します。

しかしまだ修業が足りず、
右手の手首を切り落とされます。

ここでダース・ベイダーが
意外な事実を打ち明けます。

自分こそがルークの父親だと‥‥

 

 

ルークはベイダーに
「共に宇宙を支配しよう」
と誘われますが拒絶します。

 

ルークはファルコン号に救出され、
レイアと再会した後に
義手を手に入れました。

 

スポンサーリンク





コメントを残す