「スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望」のネタバレ結末

スポンサーリンク

今回は「スターウォーズ新たなる希望」の
ネタバレを結末まで公開します。

・キャスト

ルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)

ハン・ソロ(ハリソン・フォード)

レイア・オーガナ(キャリー・フィッシャー)

ダース・ベイダー(ジェームズ・アール・ジョーンズ)

オビ=ワン・ケノービ(アレック・ギネス)

・あらすじ

平和だった銀河系は、
帝国の侵略を受けています。

帝国はデススターという
宇宙要塞を使用して、
反乱軍を駆逐しようとしています。

 

ある日、
反乱軍の指導者・レイアは、
デススターの設計図を盗みます。

皇帝のパルパティーンは、
腹心であるダース・ベイダー
設計図を取り戻すように命じます。

 
帝国軍の攻撃を受けたレイアは、
設計図をドロイドのR2-D2の中に隠し、
人間型ドロイドのC-3POと共に
船から脱出させました。

やがて、
惑星・タトゥイーンに辿り着きました。
彼らは原住生物に捕まりますが、
ルークという青年に助けられます。

 

ルークは
レイアのメッセージを見ますが、
R2-D2はジェダイ騎士の生き残りである、
オビ=ワンを探し始めます。

 

その後、
彼らは野盗に襲われますが、
ある男性に助けられます。

偶然にも彼がオビ=ワンでした。

・ネタバレ

オビ=ワンはルークに
自分とルークの父・アナキンが、
ジェダイ騎士だった事を打ち明けて、
アナキンのライトセーバーを渡します。

さらに
フォース」という力の説明をします。

 

ルークは騎士になる事を誓い、
オビ=ワンと共にレイアを助けるために
惑星・オルデランに向かう事になりました。

 

彼らは密輸商人のハン・ソロと
彼の相棒であるチューバッカを雇って、
彼らの船ミレニアム・ファルコン号で、
宇宙に飛び立ちました。

 

 

帝国に拘束されたレイアは、
反乱軍の基地を教えろと
拷問されていました。

レイアが何も吐かないので、
司令官のターキンはデススターで、
彼女の故郷・オルデランを
破壊すると宣言しました。

 

レイアは基地の場所を吐きますが、
ターキンは約束を破って、
オルデランを破壊しました。

その場に
ミレニアム・ファルコン号が現れます。

 

デススターの内部に侵入した一行は、
見事にレイアを助け出します。

 

彼らは船に戻ろうとしますが、
オビ=ワンはかつてはジェダイ騎士だった
ダース・ベイダーに一騎討ちを挑みます。

ところがオビ=ワンは、
ベイダーに斬られてしまいました。

オビ=ワンの死体はありません。

 

・結末

悲しむルークですが、
レイアと共に反乱軍の基地がある
ヤヴァン第4衛星に行きます。

彼らは設計図を確認して、
デススターの反応炉を
破壊しようと考えます。

帝国軍の反乱軍の戦いが始まり、
ルークは反乱軍の一員として出陣します。

ルークはファルコン号と、
精神体となったオビ=ワンの力を借り、
見事にデススターを爆発させました。

 

スポンサーリンク





コメントを残す