ドラマ「ハロー張りネズミ」8話のネタバレ感想!視聴率も

スポンサーリンク

ドラマ「ハロー張りネズミ」の
8話が放送されました。

今回もネタバレと共に
感想を書いていきます。

〇8話のストーリー

※ネタバレ含みます

今回の依頼人は
中華屋で働く栗田精二。

男手一つで育てたが
ある理由で離れてしまった息子と娘を
探して欲しいという内容です。

離れた理由は話さず、
手掛かりは10年前に届いた
娘からの手紙のみです。

 

体調不良のゴローの代わりに
グレが担当する事になりました。

 

手紙の住所は女子寮で、
寮母に会ったグレと栗田は、
娘の住所を教えて欲しいと頼みます。

しかし手紙を読んだ寮母は、
教えないと言いました。

 

栗田が持つ手紙は刑務所宛てで、
出所しても訪ねて来ないで下さい
と書かれてあったからです。

 

妻に先立たれた栗田は、
中華屋を経営しながら
子供を育てていました。

しかし、
かつて悪さをしていた時の
兄貴(先輩)に見つかってしまい、
店にチンピラが集まるようになりました。

店には客が来なくなった上に
大事にしていたラーメンのスープを
兄貴にめちゃくちゃにされて
殺してしまったのです。

 

グレは寮母に土下座して
娘の居場所を教えてもらいました。

 

娘は結婚して子供もいました。

グレは2人を引き会わせ、
栗田にチャーハンを作らせました。

栗田は娘に謝罪し、
娘は2人に兄の居場所を教えます。

 

いよいよ息子の元に向かう矢先、
脳に腫瘍がある栗田が倒れます。

グレは病院に行こうとしますが、
栗田は息子に会いたいと願います。

 

迷ったグレは息子の元に向かいますが、
栗田は息子に会えずに命を落としました。

 

 

後日、
ゴローは栗田の葬儀に行きますが、
そこにグレの姿はありませんでした。

グレは栗田が子供と遊んだ場所と
嬉しそうに話していた浜辺で
栗田の事を弔っていたのでした。

 

〇8話の感想

不覚にも少しうるっときた。(笑)

國村隼の演技が素晴らしすぎる。

 

今回はグレの回。

 

大ジョッキでビールを飲み、
おばちゃんその1を騙し、
おばちゃんその2に土下座し、
娘のチャーハンを食べさせ、
栗田を看取ったグレ。

 

少年院に入っていたグレは、
前科者である栗田と意気投合。

息子には会えなかったが
兄さんに会えてよかった
とまで言わせるグレ。

確かに今回のグレは
ファインプレーを繰り返してた。

 

最後は栗田を弔うために
栗田と子供達の思い出が詰まった浜辺に
幸せの黄色いハンカチをぶら下げた
木を立てるグレ。

かっこいいぜグレ。

 

森田剛のドラマは
あまり観た事なかったが
一気に好きになったかもしれん。

 

〇8話の視聴率

8話の視聴率は8.1%でした。

ちなみにこれまでの視聴率は‥

1話 10.3%

2話 7.6%

3話 6.6%

4話 4.8%

5話 6.7%

6話 6.9%

7話 8.1%

 

スポンサーリンク





コメントを残す