映画「源氏物語 千年の謎」あらすじとネタバレ結末

スポンサーリンク

今回は映画「源氏物語 千年の謎」の
ネタバレを書きたいと思います。

・キャスト

光源氏(生田斗真)

藤壺中宮/桐壺更衣(真木よう子)

葵の上(多部未華子)

夕顔(芦名星)

六条御息所(田中麗奈)

桐壺帝(榎木孝明)

彰子(蓮佛美沙子)

安倍清明(窪塚洋介)

紫式部(中谷美紀)

藤原道長(東山紀之)

・あらすじ

平安時代、

時の権力者・藤原道長は、
藤原氏の権力を盤石にするために
帝の心を娘の彰子に
向けさせようと考えました。  

そこで道長は紫式部に
物語を書いて欲しいと依頼します。

紫式部が書き始めたのは、
源氏物語」という物語です。      

 

(源氏物語)

源氏物語の主人公は、
帝である桐壺帝と桐壺更衣の
間に生まれた光源氏です。

源氏の母の更衣は身分が低く、
桐壺帝の正妻に殺害されました。

帝は才能がある源氏を
更衣によく似ている
藤壺中宮と共に育てました。

 

スポンサーリンク

・ネタバレ

(源氏物語)

光源治は美青年に成長します。

彼は母に似ている
義理の母・藤壺を愛してしまいます。

その気持ちを抑えるために
源氏は様々の女性と関係を持ちます。

そんな中、
光源氏は葵の上と結婚します。

しかし上手く行かず、
六条御息所や夕顔と関係を持ちました。 

 

(平安時代)

帝は源氏物語を気に入り、
彰子は妊娠して男の子を産みます。

藤原氏の権力は盤石なものとなりましたが、
紫式部は物語を書き続けます。  

様子を見ていた安倍晴明は、
友人である藤原道長を
心配そうな目で見ています。    

 

(源氏物語)

六条御息所は光源氏が
他の女性と関係を持っている事に嫉妬し、
生霊となって夕顔を殺しました。

そんなある日、
葵の上が妊娠しました。

葵の上は男の子を産みますが、
生霊に殺されました。

・結末

光源氏は藤壺と関係を持ちます。

許される関係ではありませんが、
藤壺は妊娠して東宮が誕生します。  

帝は東宮を自分の子供として育てます。  

やがて病に倒れた帝は、
光源氏に東宮を託して亡くなります。  

藤壺は出家する事になりました。

藤壺が旅立つ日、
光源氏は彼女に声をかけれず、
ただ門の外から姿を見ています。  

 

(平安時代)

紫式部は故郷に帰る事を決め、
宮廷から去ろうとします。

道長が紫式部に
光源氏の未来について尋ねると、
「光源氏の人生はこれからだ」
と答えました。

道長は何も言わずに見送りました。  

道長
「我の名は光。 世を照らす光だ。」
(光源氏のモデルが自分だと気付いている)

安倍晴明
「そなたは運がいいの。
あの女は我が身が鬼となる前に
自ら身を引くとは‥」

 

(幻想的な世界)

橋の上で紫式部と、
光源氏がすれ違いました。

光源氏
「私をどこまで苦しめる?」

紫式部
「多くの人を惹きつけるそなたは、
有り余る幸せの分だけ、
血を流して生きるのです。

それがあなたの人生。」

 


 

スポンサーリンク



コメントを残す