映画「バイオハザード1」あらすじとネタバレ結末

スポンサーリンク

今回は映画「バイオハザード」の
ネタバレを書きたいと思います。

・キャスト

アリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)

マット(エリック・メビウス)

スペンス(ジェームズ・ピュアフォイ)

ワン(コリン・サーモン)

レイン(ミシェル・オカンポ)

カプラン(マーティン・クルーズ)

 

・あらすじ

アメリカの企業・アンブレラ社は、
家庭用医薬品を扱う企業です。

ラクーンシティ郊外にある
アンブレラ社の地下研究所・ハイブでは、
細菌兵器の研究が行われています。

 

ある日、
生物兵器「T-ウイルス」が盗まれ、
その際に施設内にウイルスが漏れました。

 

所員がウイルスに感染したため、
人工知能・レッドクイーンは、
施設を封鎖して感染者を抹殺しました。

 

アンブレラ本社は、
施設内を調べるために
雇っている特殊部隊を派遣します。

 

 

時を同じくして、
主人公のアリスは
洋館で目覚めます。

記憶が曖昧なアリスは
突然男に抱きかかえられます。

その直後、
アンブレラ社が派遣した部隊が
洋館に突撃して来ました。

アリスの記憶が曖昧な理由は、
神経ガスの副作用です。

アリスに抱きついた男性は、
「警察官のマット」と名乗りますが、
データベースに彼の名前はありません。

隊員たちはアリスとマットを連れ、
ハイブに向かうために、
洋館の地下にある列車に乗り込みます。

 

列車の中には、
アリス同様記憶を失っている
スペンスという男がいました。

アリスとスペンスも
アンブレラ社に雇われていた人間で、
ハイブの出入り口である洋館を
偽の夫婦として守っていたのです。

 

一行はレッドクイーンを
シャットダウンさせるために
ハイブに侵入しました。

 

・ネタバレ

隊員たちはレッドクイーンを
シャットダウンさせようとしますが、
隊長のワンを含めた数人が
レーザートラップで命を落とします。

その後、
アリスは残った隊員たちと
レッドクイーンの電源を落とします。

ところが、
封鎖されていた施設が解放され、
ウイルスに感染した所員たちが、
アリスたちを襲い始めました。

アリス、マット、スペンス、
レイン、カプランの5人は、
ハイブから脱出する方法を聞くために、
レッドクイーンの電源を入れ直します。

アンデッド(ゾンビ)から逃げ回る中、
アリスは記憶を取り戻します。

アリスはハイブ内の協力者と共に、
T-ウイルスの事を告発しようと、
ウイルスを盗み出そうとしていました。

協力者とはマットの妹で、
マットは連絡が取れない妹を
心配して洋館に来ていたのです。

 

 

 

一方でスペンスも
記憶を取り戻します。

スペンスはアリスたちと違い、
T-ウイルスを悪用しようと考えたのです。

冒頭でウイルスを盗んだ犯人こそスペンスです。

記憶を取り戻したスペンスは、
解毒剤を持って1人で列車に向かいます。

しかしスペンスは、
怪物・リッカーに捕食されました。

 

・結末

生き残った4人は、
列車で洋館を目指しますが、
リッカーに襲撃されます。

カプランは命を落とし、
マットもウイルスに感染します。

さらに感染していたレインが
アンデッドになりました。

アリスは約束通り
自らの手でレインを殺します。

 

洋館に着いたアリスは、
マットに解毒剤を注射しようとしますが、
防護服を着た男たちに
マットを奪われてしまいます。

そしてアリスも病院に連れて行かれます。

 

数日後、
目覚めたアリスは
病院を抜け出しますが、
外には誰もいません。

 

スポンサーリンク



コメントを残す