映画「TAXi2」あらすじ、ネタバレ結末

今回は映画「TAXI2」の
ネタバレを結末まで公開します。

・キャスト

ダニエル(サミー・ナセリー)

エミリアン(フレデリック・ディーファンタル)

リリー(マリオン・コティヤール)

ペトラ(エマ・シェーベルイ)

エドモンド将軍(ジャン=クリストフ・ブーヴェ)

ジベール(ベルナール・ファルシー)

・あらすじ

舞台はフランスのマルセイユ、
主人公の1人のダニエルは、
スピード狂のタクシー運転手です。

ある日も妊婦を病院に連れて行く為に
峠道でレーシングカーを抜き去りました。

病院の前に着いた瞬間、
妊婦はダニエルの車で出産しました。

ダニエルは恋人のリリーとの結婚を控え、
彼女の実家に挨拶に行く事になりました。

ダニエルは余裕な表情をしていますが、
リリーの父親は陸軍の将軍です。

ダニエルは医者だと嘘を付きました‥‥

 

もう1人の主人公のエミリアンは、
27回目の試験で遂に運転免許証を
手に入れました。

技術は向上していませんが、
お情けで合格にしてもらったようです。

相変わらずドジで間抜けなので、
柔道をしても恋人のペトラに
投げられてしまいます。

めちゃくちゃ強いペトラですが、
柔道は苦手のようです。

ペトラとエミリアンが署長室に向かうと、
ジベールが日本語で挨拶しました。

1時間後に日本の防衛庁長官が
マルセイユにやって来るのです。

そのころダニエルは、
リリーの父親の戦争話を
永遠と聞かされていました‥‥

スポンサーリンク

・ネタバレ

リリーの父親のエドモンド将軍は、
長官を歓迎する為に
空港に行く必要がありますが、
ダニエルとの話に夢中になってしまいます。

15分前に思い出した将軍を
ダニエルが愛車のプジョー406
空港に送り届けます。 

マッハで送り届けたので将軍は、
長官の出迎えに間に合いました。

 

長官の出迎えには、
署長のジベールやエミリアン、
ペトラの姿もあります。

ペトラは流ちょうな日本語を喋っています。

その後、
長官の歓迎パーティーが開かれ、
ダニエルも招待されました。

 

長官は日本とフランスで調印される
条約を結ぶためにパリに向かう予定です。

ダニエルの事が気に入った将軍は、
要人用の特殊乗用車・コブラの運転手に
ダニエルを指名しました。 

ジベール署長はコブラの性能を
長官に見せつけるために
部下にコブラを襲わせます。

しかしその場に条約に反対している、
カタノ率いる日本人グループが現れて、
長官とペトラが拉致されてしまいました。

エミリアンは拉致に気付かず、
ペトラに愛の告白をしますが、
誘拐犯に殴られて気を失いました。

 

目を覚ましたエミリアンは、
帰ろうとするダニエルに
協力を求めます。

ダニエルの活躍でエミリアン達は
カタノのアジトを突き止めますが
すでにもぬけの殻でした。

ここで暴走したジベール負傷‥‥

 

カタノ達は長官に催眠術をかけて、
フランス大統領を殺させようと画策しています。  

ダニエルはカタノ達の企みに気付き、
長官のSPのユリとエミリアンと共に
パリに向かう事にしました。

将軍が手配した輸送機で
空からパリの街へダイブ!!!

 

スポンサーリンク

・結末

ダニエル達はカタノ達を発見します。

催眠術師が長官に催眠をかけている間に
エミリアンがペトラを解放しました。

ペトラとユリが強いので
一同は長官を無事に奪還します。

 

ダニエルは4人を愛車に乗せて
追ってくるカタノ達とパリの街中で
カーチェイスを繰り広げます。

ダニエルはパリ市警を挑発して、
自分達を追わせました。

さらに将軍に連絡して
戦車を配備してもらいます。

最終的にカタノ達は、
戦車隊に囲まれて逮捕されました。

ダニエルは無事に長官を
式典に送り届けました。

 

ダニエルの事を気に入った長官は、
彼を自分の運転手にしようとしますが、
ダニエルにその気はありません。  

母親とテレビを観ていたリリーは、
ダニエルの車を見つけて驚きました。

 


 

スポンサーリンク



コメントを残す