映画「藁の楯」あらすじ、ネタバレ

スポンサーリンク

今回は映画「藁の楯」の
ネタバレを結末まで書きます。

〇キャスト

銘苅一基(大沢たかお)

白岩篤子(松嶋菜々子)

奥村武(岸谷五朗)

関谷賢示(伊武雅刀)

神箸正樹(永山絢斗)

由里千賀子(余貴美子)

清丸国秀(藤原竜也)

蜷川隆興(山崎努)

 

〇あらすじ

8年前に少女を殺害した清丸国秀が
刑務所から出所した直後、
7歳の少女が殺害されて
用水路に捨てられる事件が起きました。

警察は清丸を追いますが、
なかなか見つかりません。

 

殺害された少女の祖父で、
元・経団連会長である蜷川隆興は、
全国紙の広告欄やネット上のサイトに
清丸を殺した者に10億円を渡す
と記載して清丸に懸賞金をかけました。

 

清丸は自分を匿っていた
刑務所仲間の田中に殺されそうになり、
潜伏先の福岡県警に自首します。

 

蜷川は清丸を殺そうとした
田中に1億円支払うと宣言し、
懸賞金の話が現実味を帯びました。

 

そこで警察は
清丸を警視庁に移送するために
犯罪者にSPをつける事にしました。

選ばれたのは、
警視庁警護課の銘苅と白岩、
警視庁捜査一課の奥村刑事と神箸刑事、
福岡県警の関谷刑事の5人です。

清丸は警察関係者を含めた
全国民に命を狙われます。

 

〇ネタバレ

当初、
飛行機で移送する予定でしたが、
整備トラブルで不可能になりました。

 

次に護送車で移送し始めますが、
トラックに襲撃されたり、
機動隊員が清丸を射殺しようとしたり‥

護送メンバーは襲撃される度に
清丸のとなります。

 

清丸の居場所が特定されている事もあり、
銘苅は警察も信じられないと考え、
新幹線での移動に切り替えます。

 

新幹線での移動の事は銘苅の上司たちや、
護送メンバーしか知りませんでしたが、
襲撃されて楯となった神箸が命を落としました。

 

さらに子供を人質に取って、
清丸を殺そうとする人物が現れました。

関谷は説得しようとしましたが、
最終的には犯人を射殺してしまい、
SPから外されます。

 

線路上に障害物を置かれ、
清丸と残った3人のSPは
新幹線を降りました。

 

徒歩で移動していたところ、
1台の車が通りかかります。

 

運転していたのは、
8年前に娘を清丸に殺された西野でした。

銘苅たちは西野の車を使って、
東京を目指します。

 

清丸の居場所を特定され続けている事を
不審に思っていた銘苅は奥村が手に
発信機を埋め込んでいる事に気付き、
彼を置き去りにしました。

 

タクシー運転手の由里の協力を得て、
静岡を越えた銘苅、白岩、清丸の3人は、
車を停めて休憩する事にしました。

 

銘苅が席を外した間に、
清丸が白岩射殺してしまいます。

 

自分を守り続けてきた白岩を殺して
笑っている清丸の姿を見て銘苅はキレますが、
最後まで護送を続けました。

 

〇結末

銘苅は警視庁まで
清丸を護送しました。

そんな2人の前に蜷川が現れます。

蜷川は仕込み刀で清丸を殺そうとしますが、
銘苅が清丸を守ります。

 

その後、
逆に清丸が蜷川を殺そうとしますが、
銘苅は蜷川の楯になりました。

銘苅の姿を見た蜷川は懸賞金を取り消します。

やがて、
清丸は死刑を宣告されましたが、
反省の色は全く見えません。

 

スポンサーリンク





コメントを残す